ピクシブ百科事典

結城理

ゆうきまこと

劇場版アニメーション「ペルソナ3」シリーズの主人公
目次[非表示]

概要

劇場版アニメシリーズ「PERSONA3 THE MOVIE」における主人公の名称である。
設定についてはキタローを参照。

人物像

必要な時以外殆ど喋らない無口キャラ。
アニメ化に伴い、度が過ぎる変人キャラとなった番長こと鳴上悠と比べるとそのセリフの少なさが際立つ。
ただ、時折変な事を言い出す不思議キャラな点は共通している。

異常現象である「影時間」の中でも平然としており、シャドウの襲撃で死が迫っても「どうでもいい」と言わんばかりの態度でいるなど、感性・感情が非常に乏しい。
とはいえ、困っている風花を助けたり、順平の馴れ馴れしさに対して困惑した表情を浮かべていたりと、全くの無感情というわけでもない。

流されるままに特別課外活動部へと参加するが、メンバーとの交流やシャドウとの戦いを経て徐々にではあるが、人並みの感情を見せるようになる。

しかし、タカヤの放った「影時間を消せばどうなる」という言葉から、「影時間を消せば仲間たちと別れてしまう」ことに気付いてしまい、戦いを続けるべきか迷っていく。

発動したペルソナ

劇場版オリジナルの設定として「大型シャドウを倒すごとに対応するアルカナが解放され、そのアルカナのペルソナが使えるようになる」というものがある。
これは「コミュ育成に割く尺がない」という映画ならではの制約に対応した変更であるとのこと(オーディオコメンタリーでのプロデューサーの発言)。
ちなみにアルカナ1つにつき1体というわけではないらしく、同じアルカナから2種類を召喚している描写がある。また偶然なのか狙ったのか、鳴上悠が召喚したペルソナとほとんど被っておらず差別化ができている(共通するのはアラハバキのみ)。

ペルソナ話数アルカナ備考
オルフェウス#1愚者最初のペルソナ 途中で一時的にタナトスに変貌
ジャックフロスト#1魔術師女教皇戦
サラスヴァティ#1女教皇女帝・皇帝戦
オベロン#2皇帝法王・恋愛戦
シーサー#2法王戦車・正義戦
ヤクシニー#2女帝戦車・正義戦
トート#2法王戦車・正義戦
トール#2戦車運命・剛毅戦
ジークフリート#3剛毅刑死者戦
オーディン#3皇帝刑死者戦
アラハバキ#3隠者対ストレガ
ヘカトンケイル#3刑死者対ストレガ
マザーハーロット#4女帝ニュクスアバター戦
ノルン#4運命ニュクスアバター戦
タナトス#4死神ニュクスアバター戦
メサイア#4審判対ニュクス

余談

スタッフへのインタビューによると、制作段階では「結城理」ではないの仮名で呼ばれており、監督の意向で「愛着の湧かない名前にしよう」ということで「山田月太郎(やまだげったろう)」と呼ばれていた。しかし制作も終盤に入ってこの名前がスタッフ内で定着してくると、むしろ月太郎の名前に愛着を感じてしまい、「もう月太郎でいいかも」とも考えかけたらしい。
もしそうなっていた場合、奇しくも彼の名前に『キタロー』の文字が入ったことになっただろう。
しかし、同じくペルソナ3 原案のアニメである、ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜の主人公三兄弟の名前が全員「まこと」とも読めるため、プロデューサーである足立氏がこれは運命と称し、現在の名前に決定した。

関連タグ

ペルソナ3 P3M キタロー

pixivに投稿された作品 pixivで「結城理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5797377

コメント