ピクシブ百科事典

望月綾時

もちづきりょうじ

望月綾時とは、『ペルソナ3』及び『ペルソナ3ポータブル』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

生年月日不明
身長179cm(ただしアホ毛も含めると181cm) ※
体重不明
アルカナ・コミュニティ運命(ポータブル女性主人公ルート限定)
CV石田彰
舞台版キャスト植田圭輔

※劇場版設定資料集(#3&#4)より

概要

ペルソナ3』に登場するキャラクター。
超ロングの黄色いマフラーがトレードマークの謎の少年。
11月という中途半端な時期に私立月光館学園へと転入し、主人公クラスメイトとなる。

人物

左目の泣きぼくろがチャームポイントだと思っており、女性と話すときには常に斜に構えて魅力をアピールする。そんな容姿と口のうまさで一般の女子生徒からはアイドル並の人気があり、ところ構わず口説いている。

強引で軽すぎるノリで順平と非常にウマが合っており、一括りで「バカふたり」的な見方をされる。特に修学旅行では主人公真田を巻き込み、入れ替わりの時間を利用した合法的な女湯覗きを目論むが…。

P3主人公に対しては仲良くなれそうと言い、P3P女性主人公に対しては主人公に懐かしさを感じ、どこかで会ったことがあるという。
一方で、アイギスからは何故か初対面から常にダメ出しされているが…。

余談だが、中の人やその立場から、某キャラクターを連想させるキャラクターである。

関連イラスト

ミテモイイシ、ミナクテモイイ
ペルソナ ログ2


091231
忘れて



関連タグ

ペルソナ3 ペルソナ3ポータブル P3M
キタロー ハム子 アイギス 伊織順平
綾ハム






以下、物語終盤(劇場版では最終章)のネタバレを含みます。














その正体は、謎の少年ファルロスが成長した姿であり、桐条グループの研究で生み出された13体目のシャドウにして滅びの宣告者「デス」。
10年前にゆかりの父である岳羽詠一郎によって実験が強引に停止させられた事で不完全な状態で暴走し、アイギス達対シャドウ兵装との戦いの末に主人公の中へと封印された。

だが、主人公が実験施設跡地である私立月光館学園へと戻り、特別課外活動部の仲間たちと飛び散った12体のシャドウ達を討伐した事で、その断片を吸収し完全体になって復活する。

転校当初は彼もこの事実を忘れていたが、満月の夜である12月2日の影時間にアイギスと相対した事で思い出した。
なお、彼が確固とした人間性を持っているのは10年間主人公の中に封じられていた影響である。

そして、特別課外活動部に対して、滅びの存在にしてシャドウの母体であるニュクスの到来を告げると共に、自身を殺して影時間にまつわる記憶と引き換えにニュクス到来を遅らせるか、勝ち目のない戦いに赴くかの選択を迫る。

なお、人間型以外にもシャドウとしての姿もある。
ゲーム版ではタナトスと同様だったが、劇場版ではデザインを踏襲しつつも異なるものになっている。

関連記事

親記事

ペルソナ3 ぺるそなすりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「望月綾時」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3523041

コメント