2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

モロス

もろす

モロスとは、2019年2月21日に新属新種として記載論文が公開されたティラノサウルス上科の肉食恐竜である。
目次[非表示]

データ

学名:モロス・イントレピドゥス Moros intrepidus
(名前の由来は『破滅の先触れ』。属名はギリシャ神話の破滅の化身モロスからであり、種小名は後に現れるティラノサウルスへと繋がることを意味している)

白亜紀後期セノマニアン(上部シダーマウンテン層)に米国ユタ州に生息した小型のティラノサウロイドで、北アメリカ大陸で発見された最古のティラノサウルス上科であり、これは今まで同大陸で最古とされていた標本から約1500万年遡る空白期間の9600万年前のものである。それゆえにティラノサウルス類の短期間での急激な進化や大型化を解明する10年に唯一の重要な存在である。
大腿骨・脛骨・第4中足骨・第2中足骨・第4指の趾骨が含まれる後肢と前上顎骨の歯1本が発見されており、ティラノサウロイドとしては非常に細長い後肢をもっていた。大腿骨と脛骨の比率は、北米のオルニトミモサウルス類アレクトロサウルス、大型のティラノサウルス科の幼体と最も似ている。

小型の体躯を持つ走行に適した姿であり、体重78kg、体高1.5m足らずと人間サイズだったと推定される。一見幼体のようだが、発見された個体は6 - 7歳と推定されており、成体に近い亜成体だった模様。
系統解析から、アジアに生息していたシオングアンロンなどのティラノサウルス上科が北アメリカ大陸に渡ってきたものとされる。しかし、当時はまだシアッツらが生態系の頂点に君臨しており、彼らが気候変動などにより一掃されるまでティラノサウルス上科が頂点捕食者になることは叶わなかった。

メディアでの活躍

命名前の2016年に製作されたドキュメンタリーのため、劇中では未命名の種として、シオングアンロンを参考にした復元で登場している。

先史時代の光景にて、ワニチドリのようにギガノトサウルスの食べかすを漁っていた他、現代ではバイオシン社が生み出したクローンの一つとして登場する。ディロフォサウルスと同様、劇中では実際より小型の恐竜として描かれている(劇中では1mにも満たない小型恐竜として登場しているが、実際のモロスは劇中でのヴェロキラプトルと同じくらいの大きさだった)。
監督のコリン・トレヴォロウからは「映画ではあまり活躍しませんが、登場するたびに好きになっています」と語っている。

関連タグ

ティラノサウルス ティラノサウルス上科 
ミッシングリンク シアッツ

関連記事

親記事

パンティラノサウリア ぱんてぃらのさうりあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7944

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました