ピクシブ百科事典

ニナ・パープルトン

になぱーぷるとん

ニナ・パープルトンとは、OVA『機動戦士ガンダム0083』のヒロインである。OVA製作途中の監督交代劇により、初期と後期で言動の不一致が見られる。
目次[非表示]

CV:佐久間レイ

監督交代

後述の通り、ニナはガンダムシリーズのキャラクターの中でも一、二を争うほど、その人格が嫌われており、視聴者から本作の真のヒロインシーマ様とまで評されている。
ニナは劇中序盤から、人命軽視の言動が一部に見られはしたものの、長く『悪女』とされているのは、やはりクライマックスの一連の行動による悪印象が大きい。

しかしながら、第一話においてガトーの顔を直視している(描き方)にも関わらず、「誰なの!?」と悲鳴を上げているように、ニナの設定はクライマックスの展開に対して、明らかな矛盾がある
この矛盾の原因は、『機動戦士ガンダム0083』のページに記述しているように、明らかにされていないが、作品の途中で監督が代わるのは、やはり相当な事態であるため、少なからず影響があったと考えるのが自然である。

人物

ガンダム1号機2号機の開発に携わっているアナハイム・エレクトロニクスのシステムエンジニア。
一応、ヒロインポジションではあるのだが、『主人公コウ・ウラキ値踏みするような言動』、『人間よりも自分のガンダム優先』、『そしてラストで地球にコロニーが落ちるかどうかという瀬戸際で昔の恋人に情を移しコウに銃口を向ける』などなどのビッチじみた狂態の数々によって、カテジナ・ルースクェス・パラヤなどと並んで、(最初期の)『ガンダム三大悪女』と呼ばれている。
外見から既に悪女じみているハマーン様シーマ様が入ってこないのは流石というべきなのか。

紫豚』は、そんな彼女に対する蔑称である。(紫=パープル、豚=トン)

関連イラスト

紫豚女史



関連タグ

機動戦士ガンダム0083 ガンダム三大悪女 悪女 紫豚

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム0083 きどうせんしがんだむだぶるおーえいてぃーすりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ニナ・パープルトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 379107

コメント