ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ソーマ・ピーリス
33
ソーマ・ピーリスとは、テレビアニメ「機動戦士ガンダム00」の登場人物。

CV:小笠原亜里沙

舞台版キャスト:希代彩


「超兵一号、ソーマ・ピーリス少尉でございます」


「私の中のソーマ・ピーリスがこう言っています。

 ……あなたの娘になりたかったと」


人物

2289年5月21日生まれで血液型B型、身長156㎝(1stシーズン)→166㎝(2ndシーズン)


1stシーズン

人類革新連盟超兵1号。階級は少尉。18歳。

ソレスタルビーイングの出現により、彼らと対等に渡り合うために超人機関技術研究所(以下、超兵機関)から派遣されてきた。超兵になるべく作られたデザイナーベイビーなので両親は存在しない。また作中におけるデザイナーベイビーの共通点か偶然かは不明だが、同じデザイナーベイビーであるネーナと血液型が同じである。

セルゲイ・スミルノフを隊長とし、ガンダムを鹵獲するために新設された部隊・頂武に所属する。当初はまるで機械のように任務やセルゲイなどの目上の人に忠実だったが、セルゲイや隊員達との交流によって人間らしく変化しており、特にミン中尉が戦死した際には焦る一面も見せた。


終盤では国連軍に所属し、29機のGN-Xを狩るエースパイロットの一人(20号機)として選出。

フォーリンエンジェルス作戦では他28機(とカスタム1機)が全て大破もしくはパイロットも戦死した中、唯一戦闘不能にされなかったパイロットとして生存し、軍の勝利に繋がった。


1期終了後はセルゲイが身柄を預かり、養子となる話も出ていた。


2ndシーズン

センシティブな作品

その能力の高さから、アロウズに徴集された。階級は中尉。23歳。

地球連邦軍の捕虜となっていたアレルヤ・ハプティズムによって、本名がマリー・パーファシーであること、アレルヤとハレルヤの名付け親であったことが判明。

元々は、五感がなく脳量子波でしか会話が出来なかった。アレルヤとの出会いは、その脳量子波に惹かれてやって来たことから。

そのため、超兵機関が後天的に人格を上書きし、それによって五感を取り戻した。(詳しくは後述


アレルヤとの接触で『マリー・パーファシーとしての記憶』が蘇り、セルゲイの了承を得て、彼と生きるために共にソレスタルビーイングへと赴いた。

因みに記憶を取り戻した彼女は、マリーでありながら、ピーリスの時の記憶も持ち続けているため、実の父のように慕っていた上司であり、養子となる話も出ていたセルゲイに対し、『ソーマ』として「貴方の娘になりたかった」と語り、別れた。

戦闘中行方不明という事もあり、このことはアロウズでは、殉職とされた。



その後暫くはプトレマイオス2内での雑事を熟していたが、ブレイクピラー事件でセルゲイが息子である筈のアンドレイ・スミルノフに討たれた瞬間を見てしまったことでショックを受け、再び、ピーリスとしての人格が表に出現、敵を討つためにGNアーチャーに乗って出撃するように。

24話ではトランザムバーストによって、マリーとしての人格が表面化すると共にアンドレイにセルゲイの本当の気持ちを諭し、本来の優しさを取り戻し、無益な復讐を止めた。

2期終了後は、アレルヤと共に巡礼の旅に出た。




劇場版「A wakening of the Trailblazer



脳量子波を放つイノベイターになりうる因子を持つ人を襲うELSにアレルヤと一緒に狙われていた。因みに本作では、ハレルヤに「ピーリス!」と呼びかけられた際に、ソーマとしての人格が少しだけ表面化している描写がある。




パイロットとしての技能

パイロットとしての能力は高く、ティエレンタオツーで幾度となくガンダムを追い詰め、GN-Xではセルゲイとの連携でガンダムキュリオスを倒した。

またその際は、肉体強化に加え、脳改造により脳量子波を使うことが出来るため、超兵同士で起こる脳量子波の干渉により、アレルヤ自身も苦しめた。

セカンドシーズンでは、専用のアヘッドが与えられ、やはりアリオスガンダムと戦闘を繰り広げた。

ソレスタルビーイングに加わってからは、アレルヤとセルゲイが『戦わせない』ことを誓い合ったため、戦闘に出る機会はなくなったが、セルゲイの死を切っ掛けに再び表現したソーマはGNアーチャーに乗り、アンドレイへの復讐に躍起になった。

劇場版では、複座型であるガンダムハルートにアレルヤと共に搭乗、ELSと戦った。


二つの人格

ピーリスの本来の人格である『マリー・パーファシー』は超兵機関で超兵として開発されたデザインベイビーだったが、五感がなく、動くことも出来ない状態だったため、新たな人格を上書きすることで五感と意識を取り戻した。その時に新たに与えられた名前がソーマ・ピーリスである。


2期に入ってマリーの人格が復活したものの、ピーリスの人格はマリーの人格と「融合」したのか、それともアレルヤのように「共存」しているのかという部分で議論を呼んだ。

監督などによれば「封印されていたマリーだったころの記憶が蘇った」という感じらしく、終盤で二人の口調が混じったような口調で話していたこともあり、「融合」なのではないかといわれており、戦闘ではピーリスの方の人格が出現する。

余談だが、その状態をファンの間では『ソーマリー』(ソーマ+マリー)と呼称している。


マリー・パーファシー

厳格な性格で厳しい口調のピーリスとは正反対に穏やかで柔和な口調で話す。

超兵機関にてアレルヤとハレルヤに名前を与えた張本人。

アレルヤとは互いに初めて心を通わせた相手同士であり、大切な存在として想っている。

2人の関係を問われた際には揃って赤面する姿も見せた。


ちなみにハレルヤは早い段階から彼女の存在に気付いており、何かと彼女を殺したがっていたのは「心優しいアレルヤがマリーの存在に気付いてしまうと、ショックで戦えなくなる」ことを避けるためのハレルヤなりの気遣いである。


関連イラスト

ファーストシーズン

セカンドシーズン

劇場版

ソーマ&マリー


関連タグ

強化人間 超兵 イノベイター

機動戦士ガンダム00

人類革新連盟 セルゲイ・スミルノフ ミン中尉 キム司令

ティエレンタオツー GN-X

アロウズ アンドレイ・スミルノフ

アヘッド脳量子波対応型

ソレスタルビーイング アレルヤ・ハプティズム

GNアーチャー ガンダムハルート


カップリングタグ

アレマリ アレソマ ハレマリ ハレソマ

CV:小笠原亜里沙

舞台版キャスト:希代彩


「超兵一号、ソーマ・ピーリス少尉でございます」


「私の中のソーマ・ピーリスがこう言っています。

 ……あなたの娘になりたかったと」


人物

2289年5月21日生まれで血液型B型、身長156㎝(1stシーズン)→166㎝(2ndシーズン)


1stシーズン

人類革新連盟超兵1号。階級は少尉。18歳。

ソレスタルビーイングの出現により、彼らと対等に渡り合うために超人機関技術研究所(以下、超兵機関)から派遣されてきた。超兵になるべく作られたデザイナーベイビーなので両親は存在しない。また作中におけるデザイナーベイビーの共通点か偶然かは不明だが、同じデザイナーベイビーであるネーナと血液型が同じである。

セルゲイ・スミルノフを隊長とし、ガンダムを鹵獲するために新設された部隊・頂武に所属する。当初はまるで機械のように任務やセルゲイなどの目上の人に忠実だったが、セルゲイや隊員達との交流によって人間らしく変化しており、特にミン中尉が戦死した際には焦る一面も見せた。


終盤では国連軍に所属し、29機のGN-Xを狩るエースパイロットの一人(20号機)として選出。

フォーリンエンジェルス作戦では他28機(とカスタム1機)が全て大破もしくはパイロットも戦死した中、唯一戦闘不能にされなかったパイロットとして生存し、軍の勝利に繋がった。


1期終了後はセルゲイが身柄を預かり、養子となる話も出ていた。


2ndシーズン

センシティブな作品

その能力の高さから、アロウズに徴集された。階級は中尉。23歳。

地球連邦軍の捕虜となっていたアレルヤ・ハプティズムによって、本名がマリー・パーファシーであること、アレルヤとハレルヤの名付け親であったことが判明。

元々は、五感がなく脳量子波でしか会話が出来なかった。アレルヤとの出会いは、その脳量子波に惹かれてやって来たことから。

そのため、超兵機関が後天的に人格を上書きし、それによって五感を取り戻した。(詳しくは後述


アレルヤとの接触で『マリー・パーファシーとしての記憶』が蘇り、セルゲイの了承を得て、彼と生きるために共にソレスタルビーイングへと赴いた。

因みに記憶を取り戻した彼女は、マリーでありながら、ピーリスの時の記憶も持ち続けているため、実の父のように慕っていた上司であり、養子となる話も出ていたセルゲイに対し、『ソーマ』として「貴方の娘になりたかった」と語り、別れた。

戦闘中行方不明という事もあり、このことはアロウズでは、殉職とされた。



その後暫くはプトレマイオス2内での雑事を熟していたが、ブレイクピラー事件でセルゲイが息子である筈のアンドレイ・スミルノフに討たれた瞬間を見てしまったことでショックを受け、再び、ピーリスとしての人格が表に出現、敵を討つためにGNアーチャーに乗って出撃するように。

24話ではトランザムバーストによって、マリーとしての人格が表面化すると共にアンドレイにセルゲイの本当の気持ちを諭し、本来の優しさを取り戻し、無益な復讐を止めた。

2期終了後は、アレルヤと共に巡礼の旅に出た。




劇場版「A wakening of the Trailblazer



脳量子波を放つイノベイターになりうる因子を持つ人を襲うELSにアレルヤと一緒に狙われていた。因みに本作では、ハレルヤに「ピーリス!」と呼びかけられた際に、ソーマとしての人格が少しだけ表面化している描写がある。




パイロットとしての技能

パイロットとしての能力は高く、ティエレンタオツーで幾度となくガンダムを追い詰め、GN-Xではセルゲイとの連携でガンダムキュリオスを倒した。

またその際は、肉体強化に加え、脳改造により脳量子波を使うことが出来るため、超兵同士で起こる脳量子波の干渉により、アレルヤ自身も苦しめた。

セカンドシーズンでは、専用のアヘッドが与えられ、やはりアリオスガンダムと戦闘を繰り広げた。

ソレスタルビーイングに加わってからは、アレルヤとセルゲイが『戦わせない』ことを誓い合ったため、戦闘に出る機会はなくなったが、セルゲイの死を切っ掛けに再び表現したソーマはGNアーチャーに乗り、アンドレイへの復讐に躍起になった。

劇場版では、複座型であるガンダムハルートにアレルヤと共に搭乗、ELSと戦った。


二つの人格

ピーリスの本来の人格である『マリー・パーファシー』は超兵機関で超兵として開発されたデザインベイビーだったが、五感がなく、動くことも出来ない状態だったため、新たな人格を上書きすることで五感と意識を取り戻した。その時に新たに与えられた名前がソーマ・ピーリスである。


2期に入ってマリーの人格が復活したものの、ピーリスの人格はマリーの人格と「融合」したのか、それともアレルヤのように「共存」しているのかという部分で議論を呼んだ。

監督などによれば「封印されていたマリーだったころの記憶が蘇った」という感じらしく、終盤で二人の口調が混じったような口調で話していたこともあり、「融合」なのではないかといわれており、戦闘ではピーリスの方の人格が出現する。

余談だが、その状態をファンの間では『ソーマリー』(ソーマ+マリー)と呼称している。


マリー・パーファシー

厳格な性格で厳しい口調のピーリスとは正反対に穏やかで柔和な口調で話す。

超兵機関にてアレルヤとハレルヤに名前を与えた張本人。

アレルヤとは互いに初めて心を通わせた相手同士であり、大切な存在として想っている。

2人の関係を問われた際には揃って赤面する姿も見せた。


ちなみにハレルヤは早い段階から彼女の存在に気付いており、何かと彼女を殺したがっていたのは「心優しいアレルヤがマリーの存在に気付いてしまうと、ショックで戦えなくなる」ことを避けるためのハレルヤなりの気遣いである。


関連イラスト

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 産声の回路

    本日、五月五日はアンドレイ・スミルノフの誕生日です。 アンドレイが好きなので一応、誕生日の話です。 相変わらず誕生日話らしくはないです。 時間軸は二期。ソーマが出てきます。 スミルノフ父子のその後のネタバレはありません。 アロウズの話を書くとモブレベルでも無駄にブシドーを出したくなってしまうのはグラハム好きゆえかと思われます。
  • 機動戦士ガンダム00 Flamer X

    第2話 炎のダブルオーの力

    概要と設定→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=14736121
  • Praise for your existence

    ・ハレルヤが、アレルヤ・ハプティズムやソーマ・ピーリスやマリー・パーファシーを語ったり、実際会話したりする物語 ・二期後巡礼の旅をしてるときの話 ・男女カプ要素あり(当社比) ・Re:visionの内容を少し意識してますがネタバレまでいかないと思います ・妄想の産物です、上記の点等ご注意を…
    10,162文字pixiv小説作品
  • ひとりじゃない

    Twitterで呟いていたネタを形にしました 捉え方によっては少し百合っぽい描写があります *捏造多めです 苦手な方はブラウザバック推奨
  • 【00】キャラ単体、NLまとめ

    ひまわり(00/アレマリ+アンドレイ)

    2010-10-10 CCSpark発行『ひまわり』全文(アレルヤ&マリー+アンドレイ&マリー/無料配布)。 アンドレイとマリー(とアレルヤ)が偶然雪山で再会し、一緒にコーヒーを飲む話。 マリーメイン。ロシアを中心にした共産圏ぽい話題を含みます。 この話を改定・収録した同人誌はBOOTHにて通販しています。 https://fttd.booth.pm/items/4621249
    13,845文字pixiv小説作品
  • セルゲイとノーベル賞

    テスト投稿。サイトに掲載していたものをこちらに。書いたのもう4年も前だった。某国大統領がノーベル平和賞を受賞する前に書いたものだったので、そのニュースを聞いた時にはずいぶん驚いた。
  • 理由

    アレルヤと会話をしながら、マリーしか知らないはずの過去を思い出し、自分が何者であるか考えるソーマのお話。ソーマとアレルヤしか出てきませんが、たぶんアレマリ……になっている……はず。
  • Another Century's Episode of 00

    00 A.C.E.(12)

    ガンダム00 グラハム中心オールキャラ/健全シリアス/パラレル 表紙イラスト:オニユリさん(http://www.pixiv.net/member.php?id=2439906) 表紙装丁:宮美さん(http://www.pixiv.net/member.php?id=25095)です。 前の話(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7155152) 次の話(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7209505) ■注意■ ・物語はTV一期、二期、劇場版の試聴を前提としています。未視聴の方にはおすすめましません。  ・もし、CB(ソレスタルビーイング)が本編のような形で武力介入をおこなわなかったら…… という設定のIF小説(パラレル)です。 ※完全な別物ではありません。 ・グラハムほか、ユニオン、AEU、人革連側の視点で書かれています。物語の主軸は「“未来への水先案内人”としてのグラハム」になるまでの本編補完的なドラマが中心です。 ・本編で死亡しているキャラが生きている場合があります。ただし、本編で生きているキャラが死亡することはありません。 ・人間関係の基本は原作通りですが、話の展開上、重み付けが異なっています。ただし、原作にないカップリングはありません。また、オリジナルキャラはいません。 ・隙あらばコラカティ ■その他の長編小説■ 朔-Thedragonsleptonthemoon.(http://www.pixiv.net/series.php?id=681579)  →ドラゴンボール(パラレル)
  • 第2次スパロボZレントンコンビニ劇場

    第2次スパロボZレントンコンビニ劇場その2

    やたらと長くなってしまった妄想文。気がついたら、自分の妄想文で一番の長さになっていた・・・・。テーマは「ガチ百合と 勘違いして ガチバトル」という、登場人物達のマジな勘違いッぷりを出せればなーっと思い、書いてみた。一応前回からの続きです。葵とソーマさんのキャラクターをもはや異次元の果てにぶっ飛ばしてしまったので注意。ちょっとだけですが、お気に入りのキリコ×カレンもあり。いつも通りの痛い妄想文なので、暇な時にでも読んでください。飛鷹葵が書き続けている内にどんどん可愛く思えてきてしまった。一応スパロボのネタはストックが結構あるのでシリーズ化してみます。・・・どこまで具現化できるか、わからないけどね☆(ぉィ<追記>あわあわあわ・・・;;コンビニシリーズも随分伸びてきてしまった・・・・;;ブクマ、評価、コメントをいただくのは本当に嬉しい限りです。でも同時に転げ回るほど恥ずかしい////いえ、嬉しいのは確かですが。いつか直そうと思っていたのですが加筆+修正しました。ちょっとでも読みやすくなっていれば、と思います。
    18,127文字pixiv小説作品
  • ガンダム00グラ刹if

    コンヴィクト:40

    ★ご注意★ 今回、少しグロさキツめ(当社比)痛々しいの描写が入っておりますので苦手な方はご注意ください。 えぇ〜とぉ…もうほとんど忘れられてるかと思いますが… コッソリ続きうpします…しかもいきなりキツい話なので先に謝ります;すみません。 PCも何とか新しいのを買えましたが入れたソフトが前のフォトショとはだいぶ勝手が違くて四苦八苦してまして;何とかまともに絵を描けるように慣れたらまた表紙復活するかと思います。 この40もありがたいことに評価やブクマいただいたので上げなおしはやめました。
  • Another Century's Episode of 00

    00 A.C.E.(11)

    ガンダム00 グラハム中心オールキャラ/健全シリアス/パラレル 表紙イラスト:オニユリさん(http://www.pixiv.net/member.php?id=2439906) 表紙装丁:宮美さん(http://www.pixiv.net/member.php?id=25095)です。 前の話(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7126574) 次の話(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7181530) ■注意■ ・物語はTV一期、二期、劇場版の試聴を前提としています。未視聴の方にはおすすめましません。  ・もし、CB(ソレスタルビーイング)が本編のような形で武力介入をおこなわなかったら…… という設定のIF小説(パラレル)です。 ※完全な別物ではありません。 ・グラハムほか、ユニオン、AEU、人革連側の視点で書かれています。物語の主軸は「“未来への水先案内人”としてのグラハム」になるまでの本編補完的なドラマが中心です。 ・本編で死亡しているキャラが生きている場合があります。ただし、本編で生きているキャラが死亡することはありません。 ・人間関係の基本は原作通りですが、話の展開上、重み付けが異なっています。ただし、原作にないカップリングはありません。また、オリジナルキャラはいません。 ・隙あらばコラカティ ■その他の長編小説■ 朔-Thedragonsleptonthemoon.(http://www.pixiv.net/series.php?id=681579)  →ドラゴンボール(パラレル)
  • 機動戦士ガンダム00 Flamer X

    第3話 大空(ツナ) VS 超兵(ピーリス)

    概要と設定→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=14736121

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    著者:湯瀬ライム,原作:杓子ねこ,キャラクター原案:NiKrome

    読む

pixivision

カテゴリー