ピクシブ百科事典

ティエレンタオツー

てぃえれんたおつー

アニメ「機動戦士ガンダム00」に登場するモビルスーツ。ティエレンのバリエーション機の一つ
目次[非表示]

概要

人革連の量産型モビルスーツ ティエレンのバリエーション機の一つ。
「ティエレン超兵型」とも呼ばれる。
宇宙・地上両面での行動を想定した汎用機として開発された次世代機の試作機を超兵仕様にカスタマイズした機体である。
また、次世代機開発の為のテストベッドであったティエレン全領域対応試作型(ティエレンチーツー)の後継機という側面も持ち合わせている。

次世代試作機という意味合いもある事から名称には期待も込めて神聖な果実であるの実=「桃子(タオツー)」の名を冠している(この名称はタオツーの前身たる機体から分化したティエレン全領域対応型にも受け継がれている)。
人革連軍に所属する超兵がソーマ・ピーリスのみという事もあり、実質的な彼女専用機であり、その名の通り全身がピンクに塗装されている。

両肩のシールドや脚部を始め、全身各所に配置されたスラスターによって、通常のティエレンを遥かに上回る機動性を発揮する。
また、各部センサーや情報処理能力も強化されており、頭頂部にはT字型のモノアイレールが追加されている。
コックピットも他のティエレンシリーズとは異なり、ヘッドマウントディスプレイを用いない、全周囲型の一般的なタイプとなっている(ただし運用初期は性能試験の性質上、ヘッドマウントディスプレイ方式のコックピットを用いて運用された)。
その性能に比例してパイロットに掛かる負担も大きく、訓練された超兵以外に乗りこなすことは不可能とされる。
携行武装は、ノーマルのティエレンと共通。

バリエーション

ティエレン全領域対応型(セルゲイ専用ティエレンタオツー)

ティエレン全領域対応型(セルゲイ専用ティエレンタオツー)


タオツーの基となった次世代ティエレンの完成型。超兵仕様だったタオツーとは違い、一般兵での運用を考慮している。
外見はタオツーと全く同一で、愛称も同じく「タオツー」と呼ばれる。
カラーリングは宇宙型と同じくブルー。
当初は人革連の次世代機候補の筆頭であったが、地球連邦軍設立に伴い擬似太陽炉搭載機の正式配備が決定されたため少数生産に止まった。
推進系は大気圏内での単独飛行が可能なほどに出力が強化され、GNコンデンサーを搭載した非太陽炉搭載機用のGNビームライフルを携行する。
ビームライフルの銃身下部からはビームサーベルを発生させることも可能。
GN粒子非対応型の本機のOSではビームライフルのコントロールまでは出来なかったため、もっぱら光学センサーによるパイロットの制御に一任されている。
そのためビームライフル使用の際には、高度なパイロット技能を要するという。
クーデター派によるアフリカタワー占拠事件では、説得のため低軌道ステーションに向かったセルゲイ・スミルノフが青い本機を使用した。
これはタワー占拠事件の首謀者であるパング・ハーキュリーに搭乗者はセルゲイだと示すために使用したとされている。

ティエレン全領域対応試作型(ティエレンチーツー)

【00SD】MSJ-06YⅢ-B ティエレンチーツー


『00P』『00I 2314』に登場。
次世代機開発の実験機。タオツーに近い外見だが、複座機となっており、前方座席はタオツーと同じく全周囲モニターになっているが、後部座席は従来と同じである。そのためタオツーのプロトタイプに相当する。
試製500mm多段階加速砲など実用化前の試作兵器を装備する。
ガンダムラジエルとの戦闘の後、長らく技術研究所跡地に秘匿されていたが、その後ソレスタル・ビーイングのサポート組織フェレシュテの手により十数年ぶりに起動。往年の名パイロットの腕もあり、アリオスガンダムアスカロンを取り込んだELSを撃破した。この際は後部座席も全周囲モニターになっている。

関連項目

機動戦士ガンダム00
人革連 ソーマ・ピーリス ティエレン

関連記事

親記事

ティエレン てぃえれん

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ティエレンタオツー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14179

コメント