2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ガンダムラジエル

がんだむらじえる

電撃ホビーマガジン掲載の公式外伝『機動戦士ガンダム00P』2ndシーズンの主人公機。
目次[非表示]

機体データ

分類第3世代ガンダム
形式番号GN-XXX
全高18.1m
重量56.8t
装甲材質Eカーボン
動力GNドライヴ
マイスターグラーベ・ヴィオレント


機体説明

00P』に登場する第3世代ガンダム

ヴェーダ主導で開発された探索活動に特化した特殊機で、他のガンダムと違い正確な型番は伏せられている。ヴェーダは人間社会に溶け込んだ無数のイノベイドによって情報を得ているが、戦場のような特殊な環境での情報収集はイノベイドには困難であるため、この機体が用いられた。
あくまで「戦場の監視者」という目的で開発されたため武装は最低限しか持たされていないが、その分GN粒子の消費量も少なく活動時間が長い。太陽炉は0ガンダムに搭載されていたものを使用している。

最大の特徴は両肩部に設置された大型GNバーニアで、これは個別に推力を偏向する事で高い機動性を発揮する。さらに支援機「GNセファー」との合体を考慮した設計となっており、運用データやGNドライヴの配置はダブルオーガンダム開発の参考となった。
このGNバーニアは製造したイアンがかつて開発に関わっていたヘリオンの特徴を本機に取り入れたものだが、イアン本人ですら知らされていないブラックボックスが本機にはまだ存在するという。

グラーベは他機にも採用されたGNステルス機能(光学迷彩)を活用し、組織のリクルーティング(スカウト活動)を行っている。

武装

  • GNビームライフル

ラジエル専用の装備。直接的な戦闘を想定していないため、やや出力が抑えられている。内蔵されたGNコンデンサーもキャパが少なめだが、その分軽く取り回しに優れる。

  • GNシールド
左腕を覆う様に装備された小型のシールド。左腕のみを覆うだけの大きさのために機体の動きに干渉しない。
  • GNビームサーベル
シールドの裏に2基収納されている。発振器はデュナメスキュリオスのものと同形状。

GN-XXX+GNR-000 セファーラジエル

セファーラジエル



GNセファーと合体した推力・火力強化形態。

最大の特徴は、それまでの常識を超えた遠隔攻撃が可能な兵器「GNプロトビット」を装備していること。複数のGNセファーがラジエルと合体することも可能で、GNセファー1機のみの極々シンプルな形態から、それは第4第5世代機でどうぞと言いたくなる程ゴテゴテとした形態への組み替えが想定されている。

GNプロトビットを受け渡したGNセファーのGNポッドは、GN粒子を散布することで通信を広範囲で遮断し、ラジエルの活動の支援を行う。

本機の運用データはダブルオーライザーに代表されるCB合体機に活用された。

  • GNプロトビット
GNビットおよびGNファングのプロトタイプにあたる遠隔誘導兵器。本機の開発当時は技術が未成熟であったため、端末が大型化している。複数のビットをチャージを行いながら交替で展開することで間断なく攻撃を続けることが可能。

第2形態

両脚部にもGNプロトビットを装備した形態。既にヤバい。

第3形態

GNセファー3機分と合体した形態。

コアブロック2基+GNプロトビット6基の化け物で、ラジエルの太陽炉からビットに直接粒子供給して砲として使用する。全方位射撃あるいは単騎集中砲撃、ポッド複数分離状態での広範囲の通信遮断が可能。

第4形態

第3形態のレイアウトを変更すると本来のセファーラジエルである第4形態になる。この開いた書の様な状態こそがセファーラジエル(ヘブライ語「天使ラジエルの書」)の由来。

第5形態

GNプロトビット8基、つまりはGNセファー4機分の合体形態。
同じ電撃ホビーマガジンの先輩達並みに盛りに盛ってしまった。色々と最強の形態だが、設計上はこれが限界。

もはやグラーベだけではビットコントロールが困難のため、ハロ(AI)か適正を持つ操縦者を集めるしかない。この反省は後のビットや支援機との合体運用に反映されている。

顛末

ビサイド・ペインによる反乱の際にはセファーラジエル第2形態にて出撃し、アルテミーの救援を行っている。このとき太陽炉はアルテミーに移されていたためGNセファーおよびプロトビットに搭載されている大型GNコンデンサーで稼動させていた。
その戦闘で1ガンダムを撃破するものの帰還は果たせず、機体は宇宙の深遠へと消えていったが、長い年月を掛けてELSとの決戦が終結するの時を同じくして木星圏に漂着し、ヒクサーと邂逅を果たした。
後にイノベイター勢力の手によって、第2世代の4機およびGNセファーと共に複製された。

GN-XXXB ガンダムラジエルブラック

『00F』に登場。イノベイター勢力が複製した機体。通称「ブラックラジエル」。擬似太陽炉を搭載し、黒を基調としたカラーリングに変更されている。イノベイター勢力により複製されたヒクサーが搭乗し、ブラックGNセファーと共にヒクサー(オリジナル)が搭乗するサダルスードTYPE-Fと交戦したが、撃墜された。その後フェレシュテによって回収され、CBが接収した。

GN-XXXB+GNR-000B セファーラジエルブラック

ブラックラジエルとブラックGNセファーが合体した推力・火力強化形態。

GN-XXX ガンダムラジエル ヒクサー・フェルミ専用機

『00I』に登場。フェレシュテによって回収されたブラックラジエルをヒクサー・フェルミ用に改修した機体。カラーリングはオリジナル同様の白系統に変更され、GN粒子貯蔵タンクが搭載されている。グラーベの仇であるビサイドが再び現れた事を知ったヒクサーが仇討ちのため、CBで保管されていた本機を借り受け出撃したが敗北。本機は大破しそのまま遺棄されたとされていたが、『00I 2314』で回収・修復されてヒクサーと共に木星圏に向かった。この際アヘッドやGN-XⅣと同じ長距離ブースターを装備している。

立体化

当時『00P』が連載されていた「電撃ホビーマガジン」の10周年記念付録としてガンプラ1/144スケールが立体化された。色分けされていない白の成形色一色のみ、また関節も動かないタイプだが、PCパーツ取り付け部が設けられていて改造すれば読者の力量次第でHGクラスの可動を実現できるように作られている(本には塗装を含め作例が載っている)。次号の付録で同じく立体化されたGNセファーとも合体可能。また一部イベントでは成形色を変更しGNセファーとセットのバージョンも発売された。

関連タグ

機動戦士ガンダム00P
グラーベ・ヴィオレント ヒクサー・フェルミ
GNセファー
ダブルオーガンダム

関連記事

親記事

第3世代ガンダム だいさんせだいがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガンダムラジエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10900

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました