ピクシブ百科事典

ビサイド・ペイン

びさいどぺいん

ビサイド・ペイントとは、フォトストーリー『機動戦士ガンダム00P』などのガンダム00公式外伝シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:小林ゆう(Gジェネクロスレイズより)

概要

リボンズ・アルマークと同じ塩基配列パターン0026タイプのイノベイド
特殊能力として他のイノベイドに強制アクセスし、自らのパーソナルデータを上書きして支配する「インストール」や、同じ塩基配列のイノベイドにすべてのパーソナルデータを転送する「セーブ」を持つ。

基本人格は「計画が狂う事を極端に嫌う」と設定されており、自らの存在を「計画に匹敵する」とまで言ってのけた。
実際に秘密裏に自身の計画を誰にも悟られずに遂行する狡猾さは持ち合わせているのだが、反面想定外の事態には極端に弱く、不測の事態が起こると普段の余裕があっという間に崩れて冷静さにも欠くようになり本領を発揮できなくなると言う致命的な弱点がある。

搭乗機は1ガンダム1.5ガンダムGNキャノン

活動歴

リボンズに信頼され、開発中の擬似太陽炉製造施設の管理を任されていたが、マイスターはイノベイドであるべきであると考え、リボンズが自らの滅びを防ぐ為に進めた人間によるマイスター計画に反対。『00P』の裏で「プルトーネの悲劇」を引き起こし、また自らの能力を用いてマイスター候補者を抹殺していた。

ヒクサーを操って、マイスター候補者をスカウトしていたグラーベを殺害した後、自らは1ガンダムに搭乗し、同じ0026タイプのイノベイドが搭乗する2機のGNキャノンを引き連れて、874のガンダムアルテミーを襲撃した。
あと一歩まで追い詰めるが、排除した筈のグラーベが再び立ちはだかったことに激しく動揺し、冷静さを失ってしまう。それでもインストールによりグラーベを操ろうとするが、既にグラーベはヴェーダ内で死亡扱いとされており、他のイノベイドとのリンクが隔絶していたために失敗。ラジエルビームサーベルコックピットを斬られて消滅した。

寸前にパーソナルデータをサブボディにセーブしようとしたが失敗、残されたサブボディは人格を書き換えられ、社会監視用に転用された。
しかし、実は消滅したのはオリジナルと思い込まされていたサブボディであり、オリジナルの彼は随伴していたGNキャノンのうちの1機に搭乗していた。

その後人格データを書き換えられ「レイヴ・レチタティーヴォ」として社会に出されるも、秘密裏に保管していた1ガンダムに人格データのバックアップを残しており、『00I』にておびき寄せたレイヴを乗っ取り復活する。その後フォンと戦って深手を負い基地に保管されていたサブボディに移る。しかし体を乗り換えた事で「6人の仲間」から除外されてしまったことに気づき、再度レイヴの体を手に入れんと画策する。

最期

リジェネの手引きで軌道エレベーターにやって来たレイヴ達を襲撃するが、ヒクサーとハヤナ、協力したラーズによって1.5ガンダムを無力化され追いつめられ、グラーベへの謝罪をヒクサーから要求されるが、最後まで己の傲慢さを悔いる事無く抵抗しようとしたため射殺された。

しかし、その直前に1.5ガンダムの中に自身の人格のバックアップを仕込み、機体に搭乗したレイヴの肉体を再度奪って自分以外の「6人の仲間」を消し去ろうとするが、フォンのアヴァランチアストレアの妨害を受け、記憶の海に消えさる事無く確固たる意志を以て存在を主張したレイヴに敗れる。そしてバックアップデータの状態で1.5ガンダムごとイノベイター勢力に引き渡された。

関連タグ

機動戦士ガンダム00P 機動戦士ガンダム00I
1ガンダム 1.5ガンダム レイヴ・レチタティーヴォ
イノベイド リボンズ・アルマーク

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム00P きどうせんしがんだむだぶるおーぴー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビサイド・ペイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4088

コメント