ピクシブ百科事典

ハナヨ

はなよ

ガンダムマイスター874(ハナヨ)は、機動戦士ガンダム00外伝の登場人物。

人物像

機動戦士ガンダム00P」、「機動戦士ガンダム00F」、「機動戦士ガンダム00I」に登場。
外見は10代前半の少女だが、その正体はホログラフの擬似生命体で、データ上のみの存在。会話はモニターを通して行う。

ガンダム00Pではガンダムサダルスードのマイスターを務める。当時の名前は「ガンダムマイスター874」。当初は感情が乏しく、機械的な会話ばかりであったが、他のメンバーとの交流で徐々に人格が形成されていった。
後に肉体を与えられて武力介入に参加する予定であったが、自身のために造られた肉体を見て、その肉体の命を奪ってしまうのではないかと懸念し、肉体を受け取らなかった。この肉体から「エージェント887(ハヤナ)」が誕生する。

しかし、00Pの終盤でグラーベの死から「組織内部に裏切り者がいる」と確信したため、ハヤナから一時的に肉体を借り、イアンとシェリリンによって急ピッチで組み上げられたガンダムアルテミーに搭乗、太陽炉を奪い襲撃をかけてきたビサイド・ペインと対峙する。次第に追いつめられるが、グラーベの駆るラジエルの救援に窮地を脱し、安堵から気を失い戦線を離脱。戦闘後、内戦の責任を問われてハロに封印された。

ガンダム00Fでは「ハナヨ」の名前で、フェレシュテのメンバーとして登場する。猫を思わせるハロを端末とし自身の頭にも猫耳のような突起がついている。戦闘ではフォン・スパークの相棒兼監視役としてサポートを行う。シェリリン・ハイドとも仲が良い。

その後、ハヤナによって端末を破壊されるが、シェリリンの尽力とヴェーダの意向により復活する。システムアップデートにより、ハロがいる場所であれば量子通信を通してどこでも姿を現せるようになった。最終的には、ヴェーダの意向と関係なくフォンに付いて組織を離れる。 ガンダム00Iでも引き続きフォンのサポートを行っている。

関連タグ

機動戦士ガンダム00P 機動戦士ガンダム00F シャル・アクスティカ ルイード・レゾナンス マレーネ・ブラディ フォン・スパーク シェリリン・ハイド ハヤナ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハナヨ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17457

コメント