ピクシブ百科事典

マリーメイア

まりーめいあ

『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

ガンダムWの後日談である『Endless Waltz』において登場するヒロイン。フルネームはマリーメイア・クシュリナーダトレーズ・クシュリナーダの実の娘である。
(CV:佐久間レイ

概要

本名はマリーメイア・バートン。
アフターコロニー189年生まれ。母はレイア・バートン、祖父はデキム・バートン。
真のトロワ・バートン(ガンダムパイロットのトロワ・バートンの名は、この人物から貰ったもの)は彼女の叔父にあたる。
トレーズの死後、地球圏を支配し統一国家を実現すべく、『真のオペレーション・メテオ』を掲げてデキムとともに武装蜂起する。わずか7歳の幼さで軍を率いるなどカリスマ性を見せるが、実際にはデキムの傀儡に過ぎなかった。
また、デキムによる極端な洗脳教育により、尊大で高飛車な言動が目立つが、精神は7歳の少女相応で、ヒイロ・ユイのウイングガンダムゼロによるシェルター攻撃の際には震える様子も見せた。
しかし、終盤、デキムがリリーナ・ドーリアンを射殺しようとした時、彼女を庇い重傷を負う。
終戦後はレディ・アンとともに生活している。

トレーズの娘かどうか

トレーズ・クシュリナーダの娘を自称し、DNA検査でも証明されていると主張していたが、彼女を撃った際の『彼女のような存在などいくらでも作り出せる』というデキムの発言から、捏造された可能性が示唆されている(ヒイロがコンピューターでデータを調べたときの彼女の名は本名の「マリーメイア・バートン」、父親は不明となっていた)。
デキムは言葉を続けたが、隣にいた親トレーズ派の兵士によって射殺されたことで遮られた。
しかし『EPISODE ZERO』でトレーズが出会った看護婦は確かに母レイアであり、真トロワが持っていた写真の人物は確かに今いるマリーメイアであるらしく、真相は謎のままである。

関連項目

トレーズ・クシュリナーダ ヒイロ・ユイ リリーナ・ドーリアン レディ・アン サーペント あずまんがW 
ミネバ・ラオ・ザビ

pixivに投稿された作品 pixivで「マリーメイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112437

コメント