ピクシブ百科事典

死亡ネタ

しぼうねた

死亡ネタとは、二次創作で登場人物が死んでしまう作品のこと。転じて、笑点の不謹慎ネタの一つのことを指すこともある。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 二次創作で登場人物が死んでしまう作品のこと。→死ネタ死にネタ参照。メイン画像はこちらのものを使用。
  2. 転じて、笑点の不謹慎ネタの1つ。Pixivではほとんどこの意味では使われないが、本稿で述べる。


笑点における死亡ネタ

桂歌丸師匠は生前、主に6代目三遊亭円楽(楽太郎)師匠に笑点でいじられることが多く、特に2006年の司会就任後は、メンバー全員からいじられることが多くなった。その中にあったのが死亡ネタである。
なお、2016年の歌丸司会勇退及び歌丸の死後も、たびたび円楽の口から死亡ネタが出ることはある。また、春風亭昇太司会就任後から結婚までの間には孤独死ネタが度々出ていた。

誤解しないでいただきたいのは、円楽の歌丸に対する死亡ネタは大喜利における円楽の腹黒キャラとして、歌丸から了承の上でネタを活用していた点である。
大喜利メンバーとして加入した直後の円楽(楽太郎)は日和見キャラを模索していたがなかなか良い回答が出せず悩むようになり、それを見た歌丸が小圓遊以来の罵倒合戦の相手を探していたこともあって「俺のことをネタにしていいから」と助け舟を出したことが、死亡ネタを含む歌丸・円楽(楽太郎)罵倒合戦の発端であった。
そうでなければ、円楽が収録後に毎回歌丸に謝罪したり、逆に客の受けが良かった罵倒ネタで歌丸が円楽を舞台裏で褒めることがあったり、円楽が歌丸を第三の父親と慕って稽古を請うたり二人会を行ったり、円楽の六代目襲名にあたって歌丸が後見役として奔走したり、叶うことはなかったが円楽が歌丸を人間国宝にしようと真面目に動いたり、などといったことはあり得なかった。
長年に渡って深い信頼関係を築き上げたからこそ許されたネタだったのである。

関連タグ

二次創作界隈において

死ネタ 死にネタ

笑点において

笑点 笑点メンバー罵倒集

桂歌丸 三遊亭小遊三 三遊亭好楽 林家木久扇 春風亭昇太 三遊亭円楽 林家たい平 山田隆夫
三遊亭圓楽 立川談志 前田武彦 三波伸介 TOKIO(ジャニーズ) 林家こん平 三遊亭小圓遊 林家三平 福澤朗

歌丸ジェノサイド ブラック団 やるかジジイ どうもすいません いやんばかん ミネソタの卵売り

関連記事

親記事

死ネタ しねた

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「死亡ネタ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「死亡ネタ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 298

コメント