ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

死ネタとは、小説漫画の中で登場人物が「病気事故自殺、他殺などで死ぬ、または死んでいる」という設定のこと。

同人誌などの二次創作、もしくは三次創作(n次創作)によく使われる。


このネタはあくまでもその作者(投稿者)の想像によるフィクションであり、版権モノであっても公式でない限り、原作とは一切関係のない妄想展開である。

(スーパーロボット大戦では稀に原作で生存していた人物が様々な理由で退場する事もあるのだが、こうしたケースは本当に稀である。詳細はスパロボ補正にて)

めったにないことだが、スターシステムでA作品で生存していたキャラがB作品では退場する……というケースもゼロではない。


誰かが死ぬという設定上、バッドエンド的なオチや非常にショッキングな展開になることも多く、原作ファンの中には当然それを好まない人もいるので、展開の過激な作品を投稿する際にはサムネイル表示で目に入ることがないように注釈を書いておいた方がよい。


関連タグ編集

 事故 殺人 悲劇

ネタ 二次創作 シチュエーション

バッドエンド デッドエンド


死ぬ死ぬ詐欺……たまに公式でさえ発生する現象。殺そうにも殺しようがない。

バトルロワイヤル:この設定を生かした二次創作のジャンルが多い。


死亡ネタ:表記揺れかもしれないが、笑点ではこのネタが用いられる。詳細はリンク先にて。


最後に編集

笑点ではネタで披露(上述タグ参照)され、一部の実名アイドルが登場するドラマ(実名を使用したケースに限る)やAV女優の登場するゲームでもそうしたシーンはあるかもしれないが、何事も限度はある事を忘れてはいけない。

関連記事

親記事

シチュエーション しちゅえーしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76782756

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました