ピクシブ百科事典

CERO仕事しろ

せろしごとしろ

CERO仕事しろ、とはCEROのレーティングがゲーム内容と一致してないと思われる場合のプレイヤーの心の叫びである。
目次[非表示]

概要

特定非営利活動法人コンピュータエンターテインメントレーティング機構CEROレーティングが実際のゲーム内容と比べて明らかにおかしいのではないかと思われる作品に対してプレイヤーから「本当に審査をしているのか?」という疑問の声であり、特にこの表現が用いられる時は「明らかにCERO-Aじゃないだろう」という作品にCERO-Aが付けられている場合に用いられやすい。

システム

CEROは独自審査基準によりレーティングをA( 全年齢 )、B( 12歳以上 )、C( 15歳以上 )、D( 17歳以上 )、Z( 18歳未満禁止 )を付けているが、これらの審査基準は明確に公開されているわけではなく、曖昧な点が存在し、「際どい表現が含まれるゲーム」がAであったり、逆に「何が問題があるのかというゲーム」がB以上である場合も少なくない。

反論

これについては4gamerにCEROの事務理事へのインタビューが掲載されており、「男女比はほぼ半々。年齢は20代から60代まで,特定の年齢層に偏りがないようにしています。学生主婦など職種もさまざまですね」、「客観性のある審査方法なので,ほとんど個人差がありません」と主張している。

反論に対する推論

実のところ審査員の結果が割れることはそれなりにあるとのことから、やはり審査基準は発展途上の曖昧なものであるうえ、審査に使用される資料はゲームメーカーから提出された15~20分程度のダイジェスト映像であり、それに「偽りがない」ことを前提にしてるとも語られているので、CEROが仕事をしてないのではなくメーカ側が用意した資料映像等に不備あるいは故意による隠蔽があった可能性も否定出来ないといえる。

よくCERO仕事しろ、と言われるゲーム

メーカー側の故意によるもの

明らかにメーカーがレーティングを操作した、あるいはそういわれる事例が存在する。

メルルのアトリエ

2011年に発売されたメルルのアトリエは、発売当初CEROのレーティングはAとなっていたものの、ゲーム中に登場する露天風呂イベントはどう考えてもCERO-Aどころのものではなかったため、おそらくメーカー側が故意にこのシーンを審査時に外したと思われ、メルルのアトリエは発売後にレーティングがAからBに引き上げられる結果となり、この時にはネットで「CEROが仕事した」などと言われる事態となった。

サンダーフォースⅵ

サンダーフォースⅥテクノソフトの権利を受け、SEGAが発売( 開発は不明 )したものであり、CEROはA( 全年齢対象 )指定……なのだが、ラスボスCERO C~Z相当のグロさを誇るレベルの代物であるといわれ、一部からは「こんなのがCERO Aとは信じられない」などの声があがる始末となった。

審査回避疑惑

このゲームの初回特典として付属する設定資料のラスボスの項目には、「グロくないテクスチャのラスボスの絵」が存在する……が、そのキャプションになんと『CERO対策として』という一文が書かれてあり、「審査に出した時に差し替えたのではないか」という疑惑が存在する。

関連タグ

CERO CERO-A CERO-B CERO-C CERO-D CERO-Z
仮面ライダークロニクル( 架空のゲーム、Aという設定である )

仮面ライダークロニクルのCEROがおかしい


参照

ニコニコ大百科:同項目アウトネリコ
CERO

pixivに投稿された作品 pixivで「CERO仕事しろ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34048

コメント