ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

1929年4月3日-2011年8月5日。東京都出身。愛称はマエタケ

立教大学に入学するも中退し、1953年にテレビ放送が開始されるとNHKの放送作家としてラジオ・テレビの台本を手掛ける。


1960年代、それまで台本を読み上げて行く形式が一般的だった番組司会にフリートーク楽屋オチといった手法を持ち込み、自身もその毒舌と絶妙な話術から「フリートークの天才」と呼ばれた。


司会者として

夜のヒットスタジオ』『ゴールデン洋画劇場』(フジ系)、『前武・巨泉のゲバゲバ90分!』『笑点』(日テレ系)などに出演し人気を博す。

『夜の~』では「あだ名の天才」としてアシスタントの芳村真理はじめ、出演者にニックネームを付けたり、若手女性歌手を泣かせるほどの毒舌を発揮していた。

『笑点』では回答者との軋轢により降板した立川談志に代わり2代目司会者に就任、「笑点のテーマ」の作詞を担当、大喜利の回答を多く出してもらう、コスチューム大喜利を取り入れるなどバラエティ色の強いアットホーム路線に転換した。

大喜利の問題の方向性で回答者との間に相違があり(桂歌丸は自著で「落語家のシャレが通じなくてやりにくかった」と述懐している)わずか1年余りの司会担当に終わるも、放送作家として大きく貢献しており、彼がいなければ『笑点』の歴史はここで終了していたとも言われる。


関連タグ

笑点 大橋巨泉

関連記事

親記事

放送作家 ほうそうさっか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました