ピクシブ百科事典

イヌイット

いぬいっと

極北に住む先住民族の一グループで、イヌピアト、ユピクと並びエスキモーと呼ばれる。広義のアメリカ先住民にも分類される。
目次[非表示]

北極圏のシベリア極東部・アラスカカナダ北部・グリーンランドに至るツンドラ地帯に住む先住民族エスキモーカナダにおける別称。厳密にはイヌイットはカナダ北部、グリーンランドに住む民族の名称で、アラスカ北部のイヌピアト、ベーリング海沿岸地域に住むユピクは同系統の別民族である。

イヌイットのうち北米大陸に住む人々はアメリカ先住民にも分類され、グリーンランドに住むグループはカラーリット(またはグリーンランド人)と呼ばれる。アメリカ先住民においても世界的に見ても最も北方で生活している民族の一つである。

概要

伝統的には、彼らの生活圏はほぼ雪と氷に覆われる地域であったため、ほとんど純粋な狩猟採集民であった。主な獲物は、漁を中心とするイヌイットはアザラシクジラ等、また陸での猟をするイヌイットはカリブートナカイ)などである。

固まった雪や氷をレンガ状に切り出してドーム状に積み上げたイグルーという住居を作ること、陸上ではで、水上ではカヤックという船体が海獣の皮のボートで移動すること、加熱をほとんど行なわず生肉を主食とする食生活でよく知られている。

ただし、イグルーは長期的住居ではない(狩りのための仮小屋に過ぎない)地域や、そもそも作る習慣がない地域もあった(季節に合わせて移動する生活習慣であったため、恒常的な住居は持たないことが多かった)。

今日では、アメリカ大陸のイヌイットにはアメリカ風の食文化や生活習慣が流入し、生肉を食べる習慣もほぼ失われ、狩猟も生活の基盤から娯楽の一つへと変化しつつある。とはいえ、生肉を主食とする食習慣は、野菜も穀物も全く摂取できない環境で(海藻や短い夏の間に実るベリーなどを食することはあった)不足するビタミンを補給する意味もあったので、現代的生活を行うイヌイットたちは不足するビタミンをサプリメントなどの形で補給している。

グリーンランドに住むカラーリットも多くが定住生活に移行し、欧米の生活文化の影響を被っているものの、当地ではグリーンランド人が移住者のデンマーク人より多数派である(8~9割がカラーリット)こともあり、アメリカ大陸より多くの生活文化が保存されている。

イヌイットをモチーフにした作品とキャラクター


外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「イヌイット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9051

コメント