ピクシブ百科事典

呪いのデーボ

のろいのでーぼ

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース』の登場キャラクターである。
目次[非表示]

名前の元ネタはアメリカのロック・バンド「Devo」から。

概要

DIOに雇われた殺し屋のスタンド使い。エンヤ婆に送り込まれた刺客の一人。
スタンド能力の関係で、標的を挑発してわざと傷つけられた無数の傷跡が体中に存在している。

アメリカインディアン呪術師」というふれこみで商売している。政財界の大物も御用達で、なかなかの有名人。アヴドゥルもスタンド能力は知らなかったが出会った事はあった。

普段は外見のイメージ通り冷静な口調であるが、テンションが上がるとジョジョキャラよろしく饒舌になる。特にスタンド操作中は下品な言葉遣いを連発している。
一方、ポルナレフにトドメを刺そうとした時には、下品な言葉遣いをやめ冷酷な殺し屋としての一面を見せている。

シンガポールホテルの一室において、手始めにポルナレフを襲い、彼が怪我の治療のために部屋に呼んだホテル従業員を人形によって顔面をそぎ落とすという方法で殺害した。
そのまま、当初のセオリー通りあえてボコボコにされてスタンド能力を発動し、一旦退却。

残された現場は、スタンドの事を知らない者から見ればポルナレフが暴れて部屋中を滅茶苦茶にした末に従業員を殺害したように思える状況である。
漫画版では描写されなかったが、アニメでは警察にポルナレフは殺人容疑で取り調べを受けることになり、ジョセフがスピードワゴン財団を通じて釈放させた様子。

その後、人形を遠隔操作し部屋の中にいたポルナレフを強襲。
ベッドを利用して死角を作り一方的に攻撃を繰り出し、止めにドライヤー感電死させようとするが、ポルナレフの仕掛けた罠に引っかかり形勢逆転。アソコ以外を徹底的に切り刻まれ、そのダメージに耐えきれず死亡した。

デーボの死体は清掃員によってトイレに座っていた所を発見されたが、彼の姿はもはや原型を留めていないくらい、凄絶な状態となっていた。

スタンド エボニーデビル

エボニーデビル



タロット大アルカナ15番目のカード「悪魔」の暗示を持つ遠隔操作型のスタンド。スタンドそのものはナイフを持つ原住民が呪術に使う、木製の人形のような形をしている。

人形に取り憑き、人形を操って標的を攻撃する。操られている人形はとても素早く、部屋を飛び回り標的を追い詰める。言葉も喋り、「てめーのタマキンかみ切ってやるぜ」等、とても汚い言葉使いをする。

相手への恨みをエネルギー源としており、恨みが強ければパワーも増し、遠隔操作でありながら、近距離パワー型並の戦闘能力を発揮可能と言う、えぐいものだが、真っ向勝負ではシルバー・チャリオッツに遠く及ばなかった。
また、パワーを増大させる過程も上記の通り『恨みを募らせる=相手の攻撃を意図的に受ける』必要がある為、少々厳しい模様。

その他

デーボの初登場は(明らかに入れなさそうな小さい)冷蔵庫から出てくると言う、インパクト抜群の登場の仕方だった。
その為、ピクシブではキャラクターが冷蔵庫から、呪怨佐伯伽椰子MHP2ティガレックスのように出現するイラストに、このタグが付けられる事がある。

なぜアタイが冷蔵庫の中にいることがわかった?



コブラチーム版では、冷蔵庫の中に隠れず堂々と襲ってくる。倒した後、トイレの中で再起不能になったデーボを調べると鍵が手に入る。その後、倒したはずのデーボが襲ってくるが、これはイエローテンパランスで変装していたラバーソールであった。

カプコン開発の格ゲー版における自身のEDでは、DIOを倒した事でその名が裏社会に知れ渡り、結果、裏社会の大ボスとなった。

尚、ゲーム中の動作は原作準拠の為、スタンド発動時はデーボが棒立ちになってしまうのが弱点。
また、デーボ自身の攻撃アクションは、小・中・大攻撃ともほぼ差がなく、強いて挙げれば相手との距離でヒット数に差がある程度
但し、スタンド未発動のエボニーデビルは、食らい判定もなくステージ内に待機している為、相手の立ち位置次第ではトラップのように技を発動する事も出来る。

担当声優

岸祐二(PS版格闘ゲーム)
石塚運昇(オールスターバトル/呪いのデーボ、後にTVアニメ版3部及びEOHで、ジョセフ・ジョースターを演じる。)
宮下栄治(オールスターバトル/エボニーデビル)
樫井笙人(TVアニメ)

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ JOJO 3部 スターダストクルセイダース スタンド スタンド使い ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 呪い

関連記事

親記事

3悪 さんあく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「呪いのデーボ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「呪いのデーボ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 345822

コメント