ピクシブ百科事典

概要

1967年8月22日生まれ、1986年4月8日没。
愛知県出身。愛称はユッコ。本名は佐藤佳代(さとう かよ)。

中学生の頃から各種オーディションを受けるようになり、『中学生日記』に出演していたこともあった。
高校入学直前に当時放送されていたオーディション番組『スター誕生!』に出場。家族の反対やデビューに関する厳しい条件を乗り越え、1984年にサンミュージックから歌手デビューした。

歌手としては多くの新人賞を受賞し、デビュー曲を始め11曲を竹内まりやが手がけるなど「ポスト松田聖子」の筆頭として大いに注目された。また、ドラマ出演など女優活動も行い、1985年には『禁じられたマリコ』で主役を務めた。
1986年に松田聖子作詞・坂本龍一作曲という鳴り物入りのシングル曲「くちびるNetwork」がヒットする。しかし、大活躍の最中の1986年4月8日、自宅のマンションでガス自殺未遂を図るも、ガス臭に気付いた住民から通報され、いったんは自宅に近い病院で治療を受ける。しかし、病院から戻った直後、事務所の入居するビルから飛び降り、自殺した。没年齢18歳。

自殺の原因は不明で、憶測が様々に取りざたされたが、生真面目で努力家な性格であった反面、精神的にやや不安定な部分があったことが後に事務所幹部などから語られている。

トップアイドルの自殺とあり大きく報道されたが当時はメディアの倫理感覚も今以上に不十分な面があり、彼女の遺体の映像を撮影して※オンエアするなどの暴挙を行ったワイドショーなどもあった。
このこともあり若者の後追い自殺が連続して発生。この自殺は『ユッコ・シンドローム』(もしくはウェルテル効果)と言われ、大きな社会問題となった。
※当初は「岡田のマネージャー」が飛び降りた、と報道されていた、また、このような過激な報道を行ったのはあくまで一部のワイドショーのみで、当日の報道を控えたメディアや、極めて冷静に報道したメディアが大半であった。


関連タグ

アイドル 80年代アイドル
サンミュージック(所属していた事務所)
長田有羽子あるゲームに登場する、岡田有希子がモデルではないかと言われているキャラクター)
沢尻エリカ女優。偶然にも岡田有希子が亡くなった同日に生まれている。)

関連記事

親記事

80年代アイドル はちじゅうねんだいあいどる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「岡田有希子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6446

コメント