2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

経歴

1965年7月13日生まれ。東京都大田区生まれ、清瀬市育ち。本名同じ。

1980年代からアイドル歌手として活躍した。また、90年代は女優としても活躍していた。

16歳の時、オーディション番組『スター誕生!』に出場し、合格。複数の事務所やレコード会社からスカウトを受ける。
『スタ誕』には何度も挑戦しており、いわゆる「常連」であった。3回目の出場においてはスタッフの中に難色を示す者もいたが、プロデューサーの熱意により出場が決まったという。

ワーナー・パイオニアおよび研音(⇒研音グループ)と契約し、1982年に『スローモーション』で歌手デビュー。
当時のキャッチコピーは「ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)」で、本人は「中森さんはエッチなんですか」などの質問を何度も受けたことから、あまりよく思っていなかったということを後年コメントしている。

セカンドシングル『少女A』でどこか影のあるクールな「ツッパリ」キャラを確立しブレイク。また、この楽曲で『夜のヒットスタジオ』に初出演し、その後も歌番組やライブのパフォーマンスにおける「セルフプロデュース路線」を固めていった。
アイドルとしてはいわゆる「花の82年組」で、80年代アイドル、ひいては80年代の邦楽市場ではトップクラスのレコードセールス記録を誇り、文字通りトップアイドルであった松田聖子と人気を2分した。また、本人もデビュー前から松田聖子のファンで、芸能界においてもよき先輩として慕っていたようである。

80年代はヒット曲を連発し、男女問わず絶大な人気を誇るも、1989年に当時交際していた近藤真彦とのトラブルで自殺未遂事件を起こしてしまい、活動を休止する。

復帰後は歌手活動のほか、女優としてドラマなどに出演。演技も一定の評価を受け注目されたが、事務所やレコード会社との不和など波乱万丈が続いた。

2000年代はカバーアルバムなどをいくつかリリースしたほか、自身をモチーフとしたパチンコ台が導入され話題となった。

2010年に体調不良により無期限活動休止を発表。2014年の紅白歌合戦にサプライズゲストとして出演し、歌手活動を再開した。
近年は体調のこともあり活動ペースがかなり緩やかになってはいるものの、たまにディナーショーなどでファンの前に姿を見せており、継続的に歌手活動を行なっている。

2022年8月に個人事務所HZ VILLAGEを設立。同月末に新しいオフィシャルサイトとTwitterアカウントを開設したことを報告した。

実妹の中森明穂(故人)も短期間ながら芸能活動をしていた。


関連タグ

80年代アイドル 歌手 タレント

歌姫伝説…中森を題材としたパチンコ台シリーズ。
ちび菜…『歌姫伝説』に登場するデフォルメされたキャラクター。楽曲ごとに異なる衣装で登場し、多くが実際に歌番組等で本人が着用したものとなっている。
鮎川まどか…『気まぐれオレンジロード』の登場人物。容姿のモデルが中森であるとされた。

関連人物

  • 松田聖子…80年代当時のヒットチャートにおけるライバル的存在。
  • 芳村真理…『夜のヒットパレード』で共演して以降長らく交流が続いている。
  • 小泉今日子…同期。アイドル時代はそれほど知られていなかったが仲が良く、堀ちえみの癌公表にあたり、「中森の現在の連絡先を同期の中で唯一知っているのが小泉で、小泉からコンタクトを取った」と報道されている。
  • 山口百恵…『夢先案内人』でオーディション合格を果たしている。また、アイドル時代から(山口百恵と同じレコード会社だった)松田聖子とは違った意味で「ポスト百恵」的なプロモーションがされており、彼女の楽曲を多数カバーしている。
  • 村下孝蔵…「アキナ」という、中森への応援歌として制作した楽曲が存在する。
  • 中森明夫…ジャーナリスト。ペンネームの由来が中森明菜である。

関連記事

親記事

80年代アイドル はちじゅうねんだいあいどる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「中森明菜」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「中森明菜」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 339414

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました