2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ウェルテル効果

うぇるてるこうか

ウェルテル効果とは、マスメディアの自殺報道に影響され自殺者が増える現象。
目次[非表示]

概要

マスメディアの自殺報道に影響されて後追い自殺が増える事象を指し、これを実証した社会学者のディヴィッド・フィリップスにより命名された。特に若年層が影響を受けやすいとされる。
「ウェルテル」は、ゲーテ著の『若きウェルテルの悩み』(1774年)に由来する。本作の主人公、ウェルテルは最終的に自殺をするが、これに影響された若者達が彼と同じ方法で自殺した事象を起源とする。

近年、日本国内での事例

80年代当時『ポスト松田聖子 』とまで呼ばれ人気絶頂だったアイドル歌手岡田有希子が、1986年4月8日飛び降り自殺し、18歳という若さでこの世を去った。これによりウェルテル効果が発生し、後追い自殺する若者が続出した。数日後にワイドショーに出演した同じ事務所のサンミュージックの先輩森田健作が、若者に後追い自殺をやめるよう訴えている。

1998年5月2日に、元XJAPANのギタリスト、hideが、自宅寝室のドアノブにタオルを掛けて首を吊り亡くなっている状態で発見された。享年33歳。警察は状況証拠から自殺と断定したが、様々な不可解な点から不慮の事故ではないかという説もある。しかし、それによりウェルテル効果が発生してしまい後追い自殺する者が多発した。同じく元XJAPANのベーシストのTAIJIもhideの死により自暴自棄になり、後追い自殺するかの様にアルコール依存症となった。しかし後に立ち直り復帰し活躍したが、2011年7月17日に45歳という若さで亡くなっている。また、漫画家であったねこぢる1998年5月10日に31歳の若さで自殺しており、一部マスコミが「hideの後追い自殺」説を流したが、夫であり同じく漫画家の山野一がそれを否定している。

2011年5月12日に、当時「貧乏アイドル」としてバラエティなどで活躍していたタレント上原美優が24歳という若さで自殺した。彼女の死後、1週間の1日平均の自殺者数が82人から124人に増えていた事が分かった為、ウェルテル効果があったと言われている。

なお、漫画家である佐渡川準2013年8月13日に地元茨城県内で34歳という若さで自殺しているのが発見されたが、茨城県ではウェルテル効果を危惧した事もあり、一部報道規制がかかったという。

マスメディアの対応

2000年に世界保健機関はマスコミ向けのガイドライン「自殺を予防する自殺事例報道のあり方」を発表。その後、改訂版として2008年に「自殺予防 メディア関係者のための手引き」、2017年に「自殺対策を推進するためにメディア関係者に知ってもらいたい基礎知識」が公表された。2017年版では「やるべきこと」として「どこに支援を求めるかについて正しい情報を提供すること」「自殺により遺された家族や友人にインタビューをする時は、慎重を期すること」など、「やってはいけないこと」として「自殺に用いた手段について明確に表現しないこと」「自殺を前向きな問題解決策の一つであるかのように紹介しないこと」などをあげている。特に2020年には三浦春馬芦名星竹内結子津野米咲ら著名人の自殺が相次いだが、その際にはこれらのガイドラインに沿った報道がなされている。
しかし、2022年に上島竜兵が亡くなった時には自宅、事務所に押しかけて報道するという真逆のことをしてしまい、厚生労働省がブチギレるかのように注意喚起を行った。

関連タグ

自殺 自殺予防 死にたい 生きろ ゲーテ マスコミ
自殺サークル …映画及び漫画作品、ウェルテル効果を含む。

関連記事

親記事

自殺 じさつ

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました