ピクシブ百科事典

10.8決戦

じってんはちけっせん

10.8決戦とは、1994年日本プロ野球セントラルリーグペナントレース優勝決定戦の総称である。
目次[非表示]

概要

1994年のセ・リーグペナントレースは、混戦状態であった。昨年度覇者のヤクルトがまさかの低迷、当時第二期長嶋監督時代の2年目であった巨人が首位を走っていた。
しかしそこへ、今シーズン限りで退任の噂が出ていた高木守道監督の為に優勝の花道を作ろうと中日が追走、優勝争いを展開した。
結果、中日と巨人の優勝争いはもつれにもつれ、遂に最終戦である10月8日までもつれたのである。

余談

  • この当時、日本球界初の200本安打を達成したイチローがオフを利用して試合を観戦している。実際に当時のフジテレビの中継映像で観客席で焼きそばを食べながら観戦しているイチローが確認できる(なお、これを見た解説の達川光男は「野球選手の顔忘れて焼きそば食べてますね」とコメントしている)


関連タグ

プロ野球 読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ

コメント