ピクシブ百科事典

ブラック・レイン

ぶらっくれいん

1989年公開のアメリカ映画。監督はリドリー・スコット。松田優作の最後の出演映画でもある。
目次[非表示]

概要

1989年公開のリドリー・スコット監督作品。
ニューヨークから大阪の街を股にかけ、習慣や文化の違いから反目し合いながらも協力していく日米の刑事たちと凶悪なヤクザの戦いを描く。

高倉健松田優作を始め、若山富三郎内田裕也といった豪華な日本人キャストや日本ロケでも話題となった。
特に本作で主人公達の宿敵となる凶暴なヤクザ・佐藤を演じた松田優作は、本作の撮影時に既に身体を病魔に冒されている状態でありながら、共演者の安岡力也以外の誰にも知らせず、隠れて注射をしながら撮影に臨んでいたという。その鬼気迫る演技は松田優作の完成形とも呼ばれ、完全に主演のマイケル・ダグラスと高倉健の二人を食ってしまっているほどである。
公開直後に松田は急死し、劇場映画作品としては本作が彼の遺作となった。本作の共演者の一人で松田と特に親しくなったというアンディ・ガルシアは非常に残念がり、その死を悼んだ。

神戸・大阪ロケや日本人キャスト、コーディネーターの働きにより当時の海外映画としては珍しく所謂勘違い日本的な描写はほとんど無い。にも関わらず、ネオンの輝く道頓堀の街並みや退廃的な印象の製鉄所、地下鉄駅は我々の知る日本とはどこか異なる近未来サイバーパンク的な不思議な雰囲気を湛えており、それらを捉えた映像美も本作の魅力の一つである。
ちなみに劇中で登場人物達がうどん蕎麦を啜りながら食べるシーンは、音を立てない食事をマナーとする欧米人にカルチャーショックを与えたという。

あらすじ

ニューヨーク市警殺人課の刑事ニック(ダグラス)は妻と離婚し、その子供の養育費を稼ぐのに日々苦労していた。そして、彼はある事件で押収された金を横領した嫌疑をかけられ、内務捜査官たちから査問を受けていた。
そんなある昼下がり、ニックと、同僚のチャーリー(ガルシア)は、レストランに居た日本のヤクザの幹部を、もう一人のヤクザ・佐藤(松田)が刺殺する現場に出くわす。追跡の末に佐藤を逮捕したニック達だが、日本国内での犯罪で指名手配されていたため、佐藤(松田)を日本に護送することになった。

佐藤を連れ日本まで向かう二人だったが、到着した先の空港で警察官に化けた佐藤の手下たちに佐藤を引き渡してしまう。
権限が無いにも関らず、意趣返しのために強引に大阪府警の捜査に加わろうとするニックとチャーリーだが、刑事部長の大橋警視はそれを許さず、二人の銃を押収した上で松本正博警部補(高倉)を二人の監視役につけた。

アメリカと全く違う日本の警察の捜査の方法や風習に戸惑うニックは松本に八つ当たりをしてしまい、仲違いへと発展する。彼らの関係を修復しようとクラブで仲を取り持とうとするチャーリーだったが、ニックは佐藤への執着から一人席を外し、クラブ・ミヤコの外人ホステスへ情報収集のため近付く。そしてクラブ・ミヤコの帰り道、チャーリーは自分のパスポートをコートごと暴走族に奪われたことで佐藤の罠にはまり、ニックの目の前でなぶり殺しにされてしまったことでニックは佐藤への復讐を誓い本格的に佐藤を追うことになる。

事あるごとに反発し合うニックと松本だが、やがて彼らの間には、信頼関係が生まれていく…。

関連タグ

映画
ブラックレイン:表記ゆれ

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラック・レイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント