ピクシブ百科事典

内田裕也

うちだゆうや

日本の歌手、俳優、音楽プロデューサー。兵庫県出身。
目次[非表示]

概要

元々は生徒会副会長を務めるほど真面目で、勉強熱心な子供でもあったらしい。しかし、エルヴィス・プレスリーに憧れたことでロックに目覚め、1957年に高校を中退。以降、本格的な音楽活動を始める。
以後は様々なバンドを渡り歩いたり、無名であったタイガースなどの若手スカウトを行ったりし、俳優として映画にも出演している。自身の音楽活動を行いながら、ロックフェスティバルなどのイベント開催も行っている。

ヴォーカルとしての評価は決して高いものではなく、自分でもネタにするほどヒット曲がない。
しかし、日本では日の目を見ていなかったロックにいち早く傾倒し、さまざまなイベントを企画したり、若手を発掘するなどしてその発展に大きく寄与した。
ただし本人は日本語ロックには否定的で、英詞の歌やそのカヴァーを歌うことが多い。
ぶっ飛んだ行動や言動が多いものの日本の音楽シーンには少なからず影響を与えており、ハリウッド映画に出演する等交友範囲も世界的に広い。

奇抜な言動やエピソードが多い人物でも知られる。
高橋ジョージはとあるTV番組内において
『内田裕也がBARのトイレの鏡に映った自分が笑っていたので、映った自分(鏡)を殴り拳から流血していた』
というエピソードを話したことがある。
また、1991年の東京都知事選挙に出馬し、
『政見放送でアカペラで熱唱、主張は全部英語』という事をやってのけた。結果として政党からの推薦がない人物としては最高の得票数を獲得している(ちなみにこの時当選したのは鈴木俊一)。

関連動画




外部サイト

公式
twitter

pixivに投稿された作品 pixivで「内田裕也」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31945

コメント