ピクシブ百科事典

正化

しょうかまたはせいか

未採用の元号案。またはフィクション作品内で採用された元号。
目次[非表示]

元号「正化」

正化(しょうか)とは、平成改元時に勧申された元号案の一つ。
勧申者は宇野精一漢学者)。

先代の天子も明らかな徳を持っており、今の天子も明らかな徳を持っておられる。重なる明るさが正しいことについてこそ、天下の万物を成育させ成長させることができる」という意味の元号である。
典拠は『易経』離、「重明以てに麗かば、乃ち天下を成す」。

またこの二字には「戦後の乱れた世を正す時代になってほしい」という願いが込められている。

今上天皇仁親王という御名(天の明るさを継いで、四方の人民を照らし、天下万国を治めなさる、という意味である)に呼応したものではないかとも考えられる。



『図書館戦争』シリーズにおける「正化」

小説の『図書館戦争』(平成18年2月)、『図書館内乱』(平成18年9月)、『図書館危機』(平成19年2月)、『図書館革命』(平成19年11月)、『別冊図書館戦争I』(平成20年4月)、『別冊図書館戦争II』(平成20年8月)、および漫画『図書館戦争 LOVE&WAR』(平成19年9月~)、『図書館戦争 SPITFIRE!』(平成19年11月~)、テレビアニメ『図書館戦争』(平成20年4月)、映画『図書館戦争』(平成25年4月)などのシリーズ作中で、昭和に次ぐ元号として使用された、架空の元号。

フィクションらしく「せいか」という読み方になっている。

関連タグ

元号 平成
図書館戦争

pixivに投稿された作品 pixivで「正化」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18883

コメント