ピクシブ百科事典

インビジブル・ドーパント

いんびじぶるどーぱんと

インビジブル・ドーパントとは、『仮面ライダーW』第27・28話に登場したドーパントである。
目次[非表示]

「その、私…本当に消えるんです。」

概要

マジシャン見習い・リリィ白銀が、マジックに成功するために井坂深紅郎から手に入れたインビジブルメモリを右の二の腕に挿して透明になった姿である。
本来ならドーパントの姿になってから透明になる筈なのだが、井坂がメモリに改造を加えた事で人間態のまま透明になってしまい、しかも自分の意志では透明化とその解除が制御できずメモリも抜けなくなってしまっていた(そのためか園咲冴子からは「出来損ないのドーパント」と揶揄された)。
後に再会した井坂の「治療」を受けて任意で透明化が出来るようになったが、透明化の度に生命力をメモリに吸い取られ、やがては死に至る事がわかり…

備考

スーツが存在せず風貌がごく普通の人間の女性そのままという珍しい(というか間違いなく史上初の)怪人である。
ちなみに本来のインブジビルメモリはちゃんとしたドーパント態に変身できるようだが、本来のインブジビル・ドーパントの外見は不明である。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント リリィ白銀 井坂深紅郎

関連記事

親記事

リリィ白銀 りりぃしろがね

pixivに投稿された作品 pixivで「インビジブル・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9082

コメント