ピクシブ百科事典

志村純一

しむらじゅんいち

『仮面ライダー剣』の劇場版、『MISSING ACE』の登場人物。

演:黒田勇樹

概要

新世代ライダーの一人で、仮面ライダーグレイブに変身する。
の助手としてバトルファイトに潜む謎を研究しており、古代語を用いてアンデッドと会話することもできる。
募金活動に進んで参加し、去り際に財布を丸ごと渡すなど占い師に滅多にいないいい人と評価されるほどの好人物である。
一方で、剣崎ら先輩たちに対しては禍木や夏美ほどではないものの嫌味な態度を取っていたが、実際に彼らの戦う姿を目の当たりにした際には、素直にその力量を認め、前述の非礼な態度を詫びて、称賛した。

しかしその正体は54番目のアンデッド・アルビノジョーカーであり、アンデッドのカードを封印しようとしていた烏丸署長を殺害し、バトルファイトを再開させた張本人であった。
全てのアンデッドが封印されるや否やアンデッドらしい残忍な本性を露にし、巨大邪神14を目覚めさせるべく本格的に行動を開始した。
手始めに用済みとなった禍木や夏美を殺害し、彼らからカテゴリーキングのカードを強奪すると、アルビローチを仕向けて生贄である栗原天音を浚おうとする。
二人のダイイングメッセージから正体を見抜いていた剣崎らの妨害を受けるものの、解放された相川始(ジョーカー)を一掃し遂に14を目覚めさせる。
14と一体化し、圧倒的な力でライダー達を翻弄するものの始が天音の身代わりとなることで弱体化、最期はブレイド・キングフォームのロイヤルストレートフラッシュで14諸共倒され、バトルファイトは今度こそ終わりを告げたのだった。

関連タグ

仮面ライダー剣 MISSING_ACE
仮面ライダーグレイブ アルビノジョーカー

仮面ライダーディケイド ディエンドの世界 
海東純一…『ディケイド』におけるパラレル設定(リ・イマジネーションライダー)の新たな純一。演者も同じだが設定的には全くの別人。というか、あちらの方がキャラ的にもインパクトが強すぎて目立っている。

関連記事

親記事

仮面ライダーグレイブ かめんらいだーぐれいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「志村純一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5701

コメント