ピクシブ百科事典

アリアナ・ダンブルドア

ありあなだんぶるどあ

アリアナ・ダンブルドアとはアルバス・ダンブルドアの妹であり、今世紀最も偉大な魔法使いの知られざる過去に関わる少女である。
目次[非表示]

概要

アリアナ・ダンブルドアとはアルバス・ダンブルドアの妹である。
14歳の若さで亡くなっており、その死は不世出の魔法使いであるダンブルドアの心に大きな傷を齎した。

病弱な少女

純血の魔法使いのパーシバル・ダンブルドアと、マグル生まれの魔女のケンドラとの間に生まれた三番目の子供で、唯一の娘。
四つ上の兄のアルバス・ダンブルドア、二つ上の兄のアバーフォース・ダンブルドアの妹。
モールド-オン-ザ-ウォルドという村で育つも、マグル嫌いの父親が村のマグルの少年たちを魔法で暴行をしてしまい、アズカバンに収容されてしまう。
残された家族はゴドリック・グリフィンドールゆかりの地であるゴドリックの谷に移り住み、母ケンドラは女手一つで子供たちを育てる。

病弱な少女であり、11歳になってもホグワーツ魔法魔術学校に通うことが叶わなず、母親のケンドラの世話を受けて育つ。
だが、長兄のアルバスのホグワーツ卒業直前、アリアナが14歳の時に母親が亡くなってしまう。
アリアナと良好な関係であった次兄のアバーフォースがホグワーツを中退してでも妹の面倒を見ようとするも、弟をちゃんと卒業させるためにアルバスがアリアナの面倒をみることとなる。
しかし、アリアナは同年の夏、即ち母親の死から一か月にも満たない間に亡くなっている。
享年14歳、妹の早すぎる死に激昂したアバーフォースは兄のダンブルドアの鼻を折っている。

生前の姿はアバーフォースが営むホグズミードのホッグス・ヘッド・パブの二階、居間のマントルピースの上に飾られた肖像画で確認できる。
金髪の可愛らしい少女だが、病弱だったためかうつろな眼をしているこの肖像画はホグワーツの必要の部屋へと通じる抜け道の出入り口となっている。
またアバーフォース曰く、病気さえ落ち着いている時は非常に優しく、共に山羊にエサをあげていた。

悪意のある噂

断片的な事実を興味本位で繋ぎ合わせた上にでっち上げを付け加えた真実を歪曲した捏造記事を執筆することでお馴染みのリータ・スキーター。
彼女は伝記「アルバス・ダンブルドアの真っ白な人生と真っ赤な嘘」においてアリアナがスクイブであると記した。
魔法力は優性遺伝であるため片親に魔法力があれば子供に引き継がれることが多いが、魔法力が引き継がれなかった所謂障害者であるとされたアリアナは母親から地下室に監禁されていたというのだ。
同著の中で母親のケンドラにとって、一家にスクイブがいることは恥だったのではないかとし、娘を世間の目から隠したのではないか、と憶測だらけだった。
同著で、二人の兄たちは妹がホグワーツに入学していない理由を聞かれたとき、「妹は体が弱くて学校には行けない」と答えるように母親に教え込まれていたと記されている。

この著書をダンブルドアの学生時代からの友人で会ったエルファイアス・ドージは全面的に否定しているが、ロン・ウィーズリーの大叔母のミュリエル・プルウェットはスクイブである説を大いに支持している。
というのもアリアナは病弱であるとされていたにも関わらず、英国魔法社会唯一の病院である聖マンゴ魔法疾患障害病院を受診していないことを癒者(魔法社会における医者)が訝しがっていたためだ。
加えてアリアナの死についてアルバスが沈黙を貫いていたことから、実の兄であるアルバス自身が足手まといのスクイブであるアリアナを始末した、つまり殺したのではないかという憶測まで蔓延する始末であった。

ハリー・ポッターはこの話を聞いた時、幼少期に魔法力を持つが故にマグルの伯母一家に階段下の物置小屋に監禁され、虐待を受けていた過去からアリアナに憐憫を覚えた。
そして尊敬している恩師ダンブルドアがそんな妹を殺したかもしれないという噂と、両親(ジェームズリリー)がゴドリックの谷でヴォルデモートに殺されたハリーにとって同じ村で愛する家族を亡くしたという共通点があるにも関わらずそのことについて言及しなかったダンブルドアに対して強い不信感を抱く切っ掛けとなってしまう。

真実

アリアナの身に起きた真実は次兄のアバーフォース・ダンブルドアがハリーたちに話してきかせた。
魔法族の子供は7歳までに魔法力が顕れるとされ、6歳までの間は魔法力が不安定な状態にある。
当時6歳だったアリアナは自宅の裏庭でその幼い魔法力を使っていた所をマグルの少年三人に目撃されてしまった。
少年たちはアリアナの示した魔法力に恐れ慄き、集団で乱暴を振るい、父親のパーシバルはその報復のためにこの少年たちを魔法で追い詰めた。
またこの乱暴は原語ではレイプの可能性を秘めた言葉である。

アリアナに肉体的外傷や障害が残ったのかは定かではないが、彼女は精神的に深く傷付き、未発達の魔法力が抑制されてしまった。
これにより、魔法力をうまく使えず、情緒により魔力の暴発を起こす体質が形成される。
父親のパーシバルは、この事実が知られてしまえば娘がは聖マンゴ魔法疾患傷害病院に一生閉じ込められることを察していたために真実を語らぬままにアズカバンに収監され、マグル嫌いのパーシバル・ダンブルドアとして後に獄中死した。
そんな夫の気持ちを察し、そして娘を護るために母親のケンドラはゴドリックの谷へと引っ越し、世間から娘を隠して暮らした。

そして、母親のケンドラの死も、アリアナの魔法力の暴走、発作が引き起こした殺人なのである。
アリアナと親しく彼女が発作を起こすときに宥められるアバーフォースがホグワーツにいたこととケンドラがもはや若い頃のように娘を制御できなかったことから発作に巻き込まれて死亡してしまった。
このことから、彼女がオブスキュラスを抱えたオブスキュリアスである疑惑がある。

ケンドラの死亡時、長兄のアルバスはホグワーツ卒業を控えた7年生、次兄のアバーフォースは5年生。
アバーフォースは妹と良好な関係であり、アリアナの発作を宥めることが出来る唯一の存在だったため学校を中退してでも妹の面倒をみようとする。
しかし、両親を欠いた状態でダンブルドア家の家長となったアルバスが決闘で全てを解決しがちな弟にせめて学歴を残すためという義務と責任のために妹の面倒を引き受けた。
しかし、学生時代神童と持て囃されたアルバスにとって外の世界で活躍する機会を奪った妹に縛り付けられる生活は不満そのものであった。
今まで面倒を見てくれた母親を図らずも殺してしまったこと、長兄に疎まれていることが次兄をして優しいと称されたアリアナにとってどれほどまでの苦しみを与えたのか想像に難くない。

死因

アリアナの面倒を引き受けたアルバスだが、やがて同じゴドリックの谷に暮らす魔法歴史学者で学生時代に交流を持ったのバチルダ・バグショットの大甥、ゲラート・グリンデルバルドに出会う。
アルバスにとって同世代で初めて自分と同等の実力を持つ魔法使いであったグリンデルバルドに魅了されたアルバスは自らの野望のために妹のアリアナの世話を怠るようになった。
加えて、グリデルバルドとの旅に出る際にアリアナをどうするのかで弟アバーフォースと揉めることになる。

アバーフォースを自分たちの夢の邪魔だと考えたグリンデルバルドは彼にクルーシオ(磔の呪い)をかけ、アルバス・アバーフォース・グリンデルバルドの三つ巴の乱闘がゴドリックの谷で引き起こされた。
恐ろしい決闘が間近で起きたことでアリアナは発作を起こし、最終的には、アリアナは三人の決闘の流れ弾により死亡した。
アルバス曰く誰の放った魔法によってアリアナが死んだのかは不明であるが、ゲラートが誰が殺したのか把握していたら、それが自分自身だったらという恐怖に終生苛まれた。

疑惑

この事件の後アルバスと決別したグリンデルバルドはクリーデンス・ベアボーンを利用し、オブスキュラス事件を引き起こしている。
アリアナを通じてグリンデルバルドが精神的に抑圧された者の魔力を利用するというアイデアの着想を得た可能性がある。
アリアナは死亡する直前に発作を引き起こしており、まだ若かったとはいえ決闘者としての実力の高い三人の魔法使いたちを圧倒する力を目撃したゲラートがその力を利用することを考えた可能性は高い。
もしくは、アリアナの発作を元々知っており、マグルたちを殺すためにアリアナを旅に連れて行こうとしていた可能性すら考えられる。

また、ダンブルドアを殺せる者の存在は、アリアナをはじめとするダンブルドア家の闇が決して過去のものではないことを示唆している。

老賢人の秘密

盲目的な愛と野心に溺れたことでアリアナを失ったこと、それはアルバス・ダンブルドアにとって終生の悔恨になった。
そして特定の誰かを愛しパートナーにするようなことも、学校以外での権力を求めることもしなくなったのである。

みぞの鏡(Erised Mirror)の一件でハリーに望みを問われたアルバスが語った「私が鏡を見るとウールの靴下を持っているのが見える」というのは、ハリーも感づいていた通り嘘であり、アルバスにとって最大のトラウマに触れた質問であった。
鏡がアルバスに見せる望みは両親も妹も健在な幸福な家族であった。
つまり、アルバスはハリーと同じものを実は鏡に見ていたのである。

分霊箱と化していた死の秘宝である蘇りの石を手に入れた際、アルバスは我を忘れてその力を行使しようとする。これはかつての家族を蘇らせ、姿を見て、言葉を交わすためであった。
しかし分霊箱の防衛魔法によりアルバスは全身に激しい呪いを受ける。
セブルス・スネイプの治療により、なんとか腕にのみ呪いを留めることに成功するも、呪いが時間によって全身に広まることは止めることはできず、この時点でアルバスの余命は残り一年となった。

関連タグ

ハリポタ アルバス・ダンブルドア アバーフォース・ダンブルドア
オブスキュラス  トラウマ

関連記事

親記事

高祖世代 だんぶるどあせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アリアナ・ダンブルドア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 557

コメント