ピクシブ百科事典

リータ・スキーター

りーたすきーたー

ハリポタに出てくるキャラ。悪辣なジャーナリスト。
目次[非表示]

演:ミランダ・リチャードソン

概要

ハリポタシリーズに登場する女性。(4巻〜)
カールしたブロンド、メガネをかけた中年女性で、派手な化粧に服装、ワニ革のハンドバックを愛用する。

仕事はジャーナリストで、デイリー・プロフェット(日刊預言者新聞)の記者。また、伝記作家でもある。

実態

自動速記羽ペンなるものを駆使し、インタビュー相手の発言を曲解・魔改造する悪辣ジャーナリスト。ほとんど捏造レベルで中傷記事を連発する。

ある意味取材能力には確かなものがあり、非合法のアニメーガス(コガネムシ)になり気づかれず近づき、相手の身辺を漁る。

いわばマスゴミの擬人化で、作者一級の皮肉・揶揄が含まれているキャラクター。

結末

かつて中傷したハーマイオニー・グレンジャーの本気に触れてビンに拘束された。その後彼女に脅迫され、ゼノフィリウス・ラブグッドの「ザ・クィブラー」にハリーの独占記事(闇の帝王の帰還と死喰い人の告発)を書かされた。

その後はどうやら解放されたようで、アルバス・ダンブルドアについての伝記を彼の死後に出版。この内容は彼とゲラート・グリンデルバルドの若き日の交流を始めて世に知らしめたものであり、ハリーに大きなショックを与えた。

19年後も相変わらず元気にジャーナリストのようで、ハリーたちダンブルドア軍団とその息子たちがビクトール・クラムが出場するワールドカップに集結した様子を(相変わらず辛口で)記事にしている。

余談

実は生年から考えるとベラトリックス・レストレンジの同期の可能性が高い。リータの出身寮は不明だが、仮にスリザリンだとすると、ベクトルは違えど強烈な女が同級生同士だったことになる。

とある説

完全な陰謀論なのだが、J・K・ローリングの正体はリータ・スキーターであり、ハリポタは実在の出来事であるという説がある。

関連記事

親記事

親世代 はりぽたのおやせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リータ・スキーター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 619

コメント