ピクシブ百科事典

ノット・シニア

のっとしにあ

ノットとはハリポタシリーズに登場する人物である。
目次[非表示]

概要

セオドール・ノットの父で、トム・リドル挙兵時からの古参死喰い人
ノットは一般名詞でもあり、息子のセオドールと区別するためにも「シニア」をつけた名前で百科事典を作成した。

聖28一族の一つで、そのリストを作成したカンタンケラス・ノットの末裔。

高齢であり、妻を亡くしている「寡夫」。息子のセオドールと二人暮らし。
ルシウス・マルフォイと親しいようで、彼の館にセオドールと共に訪問することが多かったようだ。ルシウスもノットもアズカバン収監は免れていたが、神秘部の戦いでの敗北後は初めてアズカバン送りになった。

神秘部の戦いではハーマイオニー・グレンジャーにより倒され、粉々になった神秘部の予言のガラス玉を食らって戦闘不能になっている。

古参として第二次魔法戦争まで活動しているのはノットの他にはアントニン・ドロホフがいる。ノットはドロホフと違い戦闘が得意ではないのか、ほとんど活躍するシーンはない。

関連タグ

セオドール・ノット
死喰い人

関連イラスト

3/13 新刊サンプル
ハリポタ:既刊サンプル+いろいろ詰め

関連記事

親記事

爺世代 りどるせだい

兄弟記事

コメント