2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

魔法ワールドにおける歴史上の人物。
マグルには知られていないアーサー王円卓の騎士のひとり。

若い頃はホグワーツグリフィンドール寮で学んだ。
時期的にゴドリック・グリフィンドール直々に魔法を教わった可能性がある。

人生のある時期にスリザリンの魔法使いマーリン(ウィザーディング・ワールド)と親交を結ぶようになり、それがきっかけとなって円卓の騎士の名誉に浴することとなった。言い伝えによると彼は3度結婚し、3度とも相手の女性に逃げられた。また17人の子の父親でもある。

杖は23センチ、リンボク、トロールのヒゲ、燃えやすい。

カドガン卿はウェスト・カントリーを脅かしていた「ワイのワイバーン」の討伐を命じられた。最初の対決で馬を失い、杖を折られ、剣と鎧のバイザーを溶かされてしまったカドガンは命からがら逃げ出した。しかしカドガンはあきらめなかった。近くの草地にいた太った仔馬(ポニー)にまたがると決死の覚悟で折れた杖を振りかざしながらワイバーンに突撃。ワイバーンは頭を下げてカドガンを馬ごとひと飲みにしようとしたが、折れた杖が舌に突き刺ささり腹の中から立ち昇るガスに引火して化け物は爆発してしまった。カドガンと仔馬はどうやらその戦いを生き延びたようである

カドガン卿の話は魔法使い版アーサー王物語には記述されているが、マグル版には含まれていない。彼は魔法使いの間でさえ著名な人物とは言い難い。しかし彼の名誉を称えて作られた言い回しもある。「カドガンのポニーに乗ってやろうじゃないか」という表現は、苦境の中でベストを尽くすことを意味する魔法使いならではの言い回しである。

不釣合いに大きな剣と太った仔馬を描いたカドガン卿の魔法の肖像画は、彼の存命中に "気の毒な魔法使い" によって描かれ、死後、ホグワーツ城の八階にある占い学の廊下近くの踊り場に掲げられた。ハリー・ポッターはホグワーツ校に在学中、何度もカドガン卿の肖像画に出くわすことになった。

3巻で一時的にグリフィンドールの番人をしていたが、しょっちゅう合言葉を変えたり決闘を仕掛けたりするので皆は辟易としていた。

関連タグ

マーリン(ウィザーディング・ワールド)
創設者

関連記事

親記事

グリフィンドール ぐりふぃんどーる

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました