ピクシブ百科事典

クレイグ・バウカーJr.

くれいぐばうかーじゅにあ

クレイグ・バウカーJr.(Craig Bowker Jr,)とは、ファンタジー小説及び舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」の登場人物。クレイグ・ボウカーJr.又はクレイグ・ボーカーJr.と書かれることもある。
目次[非表示]

演者(舞台):ジェレミー・アング・ジョーンズ

概要

ホグワーツスリザリン寮生の一人。
アルバススコーピウスと同世代(同学年かは不明)。
アルバス、スコーピウス、デルフィーニと関わってしまった人物。

人物像

皮肉屋であるが基本的には真面目。規律にうるさいところがあり、ハリージニーがアルバス達を探して特別許可証なしでスリザリン寮を歩いている事を規則違反だと忠告する程。
ハリーがいない時間軸では勉強嫌いになっていたスコーピウスの宿題を代わりにする子分格のようなことをしており、図らずもアルバス達に起こった事件解決の糸口を与えている。
ミネルバ・マクゴナガル校長に言われてアルバスとスコーピウスを探し、クィディッチピッチで遭遇したものの本性を現したデルフィーニによって殺害されてしまった。

やがてデルフィーニがアズカバン送りとなったが、その罪状はクレイグ殺害の罪だった。

関連項目

アルバス・セブルス・ポッター スコーピウス・ヒュペリオン・マルフォイ
デルフィーニ スリザリン

関連記事

親記事

孫世代 まごせだい

兄弟記事

コメント