ピクシブ百科事典

ルーナ・ラブグッド

るーならぶぐっど

J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

演:イヴァナ・リンチ/吹き替え:三村ゆうな

概要

1981年2月13日生まれ。
ホグワーツ魔法魔術学校レイブンクロー寮所属の生徒。
主人公ハリー・ポッターの1年後輩に当たる。
ゼノフィリアス・ラブグッドは雑誌「ザ・クィブラー(The Quibbler)」の編集長を務めている。
母はルーナが9歳の頃、実験に失敗し死別。

空想的で言動が現実離れしている為、周囲からは「変人」と思われている。
そのため靴隠しなどのいじめを受けているが、本人はそれを気に留めないふりをしている。
(映画ではおそらく実在しない魔法生物による仕業だと割り切っていた)

友人のジニー・ウィーズリーの紹介でハリー、ロン・ウィーズリーハーマイオニー・グレンジャーネビル・ロングボトムと知り合い、ダンブルドア軍団の結成に参加。
その後もハリー達と共に死喰い人との戦いや抵抗運動を繰り広げ、ホグワーツの最終決戦にも参加し、最後まで生き残った。

卒業後、魔法生物学者になり、多くの新種の動物を発見・分類した。
『幻の動物とその生息地』の著者ニュート・スキャマンダーの孫で、魔法生物学者のロルフ・スキャマンダーと結婚し、双子の男児ローカンとライサンダーをもうける。

関連イラスト

クィブラーはいかが?
Ravenclawパワー



関連タグ

ハリポタ レイブンクロー

pixivに投稿された作品 pixivで「ルーナ・ラブグッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368773

コメント