ピクシブ百科事典

ティナ・ゴールドスタイン

てぃなごーるどすたいん

ハリー・ポッターシリーズの外伝『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の登場人物。表紙イラスト左。

演:キャサリン・ウォーターストン 吹き替え:伊藤静

概要

ハリー・ポッターシリーズの外伝作品である『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の登場人物で、本作のヒロインの一人。アメリカ合衆国魔法議会(通称:MACUSA)に務める魔女。「ティナ」は愛称で、フルネームは「ポーペンティナ・エスター・ゴールドスタイン」。他にも、妹のクイニーにのみ時折「ティーニー」と呼ばれている。

1901年8月19日生まれ。北アメリカの魔法学校であるイルヴァーモーニー魔法魔術学校サンダーバード寮出身。魔法議会ではかつて闇払い局にいたが、ある問題を起こしたことで魔法の杖認可局にまわされていた。しかし、その後も独自に事件の調査をしていた。

1926年、アメリカでは禁止されている魔法動物の持ち込みを行っていた、主人公のニュート・スキャマンダーを捕まえて連行したことがきっかけとなり、本作の事件に巻き込まれていく。
 基本的には生真面目なお堅いキャリアウーマンとして振る舞っており、思考も「地に足が着いた」と評される程に現実的で行動派。
しかし落ち着いた佇まいや面持ちをしていながらその内心は「非常に感傷的」であるともされ、闇祓いとして自らの能力を正しい事の為に役立てたいという思いから野心深い、苛烈な面を見せる事も。

一方で、自身が追いかけている市民団体『新セーレム慈善協会』を主催するメアリー・ルー・ベアボーンから酷い虐待を受けている養子の子供達や、その中でも一番仕打ちが酷いという息子のクリーデンス・ベアボーンを気にかけて助けようとするなど、元の性格は心優しく母性的である。
ニュートに対しても最初はMACUSA側の人間として厳しい態度で臨み、アメリカの魔法社会の情勢をあまり知らなかったり、被疑者としてMACUSAへ連行されているにも関わらず自らのスタンスを崩さない彼の人間性を理解できていなかったが、物語の展開が進むに連れてその認識を改めるようになり、事件の解決に乗り出すニュートに進んで協力するようになる。


妹のクイニーとアパートで二人暮らしをしている。両親は姉妹が幼い頃に龍痘で亡くなっており、以来二人は「お互いに育て合ってきた」との事。その絆は大人になっても固く結ばれて、続いている。

関連タグ

ファンタスティックビースト
ニュート・スキャマンダー
クイニー・ゴールドスタイン
ハリー・ポッター
J・K・ローリング

pixivに投稿された作品 pixivで「ティナ・ゴールドスタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27662

コメント