ピクシブ百科事典

セブリリ

せぶりり

「セブリリ」とは、『ハリー・ポッター』シリーズによるセブルス・スネイプ×リリー・ポッター(リリー・エバンズ)のカップリング。
目次[非表示]

「永遠に」

※この記事には『ハリー・ポッター』シリーズの結末、ネタバレがあります。閲覧注意

概要

セブルス・スネイプリリー・エバンズは幼なじみであった。
魔法族で元々魔法が使えたセブルスだがマグルの父親との折り合いが悪く、友人もいなかった。
そんな中、マグルでありながら魔法が使える同い年の少女リリーと出会い、リリーに魔法界のことを話していくうちに、二人は友人となった。

その友情はセブルスがスリザリン、リリーがグリフィンドールとなってしまっても変わらず続いたが、リリーを好いていたジェームズ・ポッター、その相棒のシリウス・ブラックのセブルスに対する執拗ないじめ、そしてそれに対抗するべくセブルスが闇の魔術に傾倒していくことでやがて終わりを迎えることとなる。

リリーはその後ジェームズと付き合いだし、結婚。息子ハリーを産んだ。しかし予言によりヴォルデモートに一家は命を狙われることとなってしまい、ジェームズは死亡、リリーはハリーを命に代えて守り抜き亡くなってしまう。

リリーがジェームズと結婚しても変わらずに愛していたセブルスは予言をヴォルデモートに告げたことを心から悔やみ、ダンブルドアに忠誠を誓った。そこでダンブルドアは償うためにハリーを守ることを命じる。
自分が守っていること、その理由をハリーに話さないことを条件にセブルスはそれを承諾する。

月日が流れてもセブルスは生涯リリーだけを愛し続け、リリーへの愛と懺悔だけで死ぬまでハリーを守り続けた。
パトローナスはずっとリリーと同じ雌鹿であり、ハリーへの最期の言葉が「僕をみてくれ」なのはリリーの瞳とハリーの瞳が同じだったからである。

余談

原作者によると、ジェームズの横槍がなければセブルスとリリーは結婚していた、らしい。

関連イラスト

違わないよ
欲しかった未来


花
おやすみ、セブルス


セブリリ


関連タグ

ハリポタ NL
セブルス・スネイプ リリー・ポッター

関連記事

親記事

ウィザーディング・ワールドのカップリング一覧 うぃざーでぃんぐわーるどのかっぷりんぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セブリリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2862317

コメント