ピクシブ百科事典

蛇寮ハリー

すりざりんはりー

組分け帽に「スリザリン!」と叫ばれたハリー・ポッター。
目次[非表示]

概要


蛇寮ハリーとは「もしもスリザリン(蛇寮)にハリー・ポッターが入ってたら?」というif世界の作品に付けられるタグである。

ドラコ・マルフォイセブルス・スネイプ、そしてトム・リドルと絡んでいる作品が多い。腐向け女体化もあるので注意。


ハリーのスリザリンの資質とは

作中で組み分け帽子から「スリザリンに行けば偉大な魔法使いになれる可能性」を示唆されていたハリー。ダンブルドアからも、「野心、機転、そしてややルールを無視する傾向」というスリザリンの資質をハリーは全て兼ね揃えていると評されている。

実際ハリーは真正面から問題解決することも多いが、絡め手を使う狡猾さも見せている。また、皆に称賛されるのを好む傾向もあり、クィディッチでの優勝の思い出は彼の強力な守護霊呪文のトリガーとなっている。更にはハリーは元々トム・リドルに似ていると言われており、更にその魂の一部が入り込んでいるため蛇語など彼の性質を色濃く反映している。

といっても、組分けは「資質」だけでなく「選択」も重視しており、本編のハリーはスリザリン入りを拒否しグリフィンドールを選び取った。グリフィンドールの剣を抜いたことからも、ハリーが勇敢な獅子の寮に相応しいことには異論の余地はない。
だが振り返ってみれば、ハリーがスリザリンに忌避感を感じたのは、「両親の仇がスリザリン出身だから」「ロンがグリフィンドール志望で、ドラコがスリザリン志望だったから」など事前の印象論が大きい。スリザリンはグリフィンドールと同じくらい勇敢さや友情を重んじる寮である(※)ため、例えばハリーがドラコと先に友情を深めていたりスリザリンへの偏見がなかった場合はスリザリンに入寮した可能性はある。その場合ハリーの精神的な成長・変化は本編とは異なるものになっていただろう。

ちなみに、ハリーの瞳の色はスリザリンのシンボルカラーと同じ

※ただし、スリザリンはまず自分や身内のために力を発揮する貴族主義であり、赤の他人でも助けようとする騎士道のグリフィンドールとはベクトルが異なる。


ハリーがスリザリンに入ったら


本編では足を引っ張っていたマルフォイと同寮になり、スネイプ先生が寮監としてまとめ役。
マクゴナガル先生の贔屓はないのでクィディッチの選手になれるかは不明。1年生の採用は特例なのです。

ダーズリー家での扱いからしもべ屋敷妖精への同情やイジメへの反感は変わらず。それが蛇寮とどう反応するのだろうか?

シリウスの反応も気になるところである。

基本的に純血しか入れないとされているスリザリン。ハーマイオニー他のマグル出身の生徒との関係や、純血だがマグルに育てられたハリーにどう反応するのか。巨人族とのハーフであるハグリッドとの関係やいかに。

徐々に復活への歩みを進めるヴォルデモート。そしてヴォルデモートと対立する運命にあるハリー。
グリフィンドールであればロンとハーマイオニーがいてくれたが、スリザリンでは…?スリザリンの生徒の実家は彼との関係がある家も多い。しかしその実、恐怖によってあの人に従っていた人達もおり、ハリーはそんな彼らからすればあの人から解放してくれた英雄なのである。もし彼が復活すれば、あの人の恐怖から逃れられない人々もいれば、若き英雄の奇跡に縋るものもいるかもしれない。


関連イラスト

スリザリンハリドラ
立ち位置ちぇんじ漫画



関連タグ

ハリポタ ハリー・ポッター ウィザーディング・ワールド
スリザリン ドラコ・マルフォイ セブルス・スネイプ トム・リドル ♀ハリー

関連記事

親記事

ハリー・ポッター はりーぽったー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蛇寮ハリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 379122

コメント