2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

ハリポタ」に登場する美しいシロフクロウのメス。ハリー・ポッターのペットであり大事な宝物であり、親しい友達だった。
ルビウス・ハグリッドがハリーに入学(映画では誕生日)祝いとしてプレゼントした。
魔法使いの世界ではフクロウは手紙を運ぶ役割を担っているため、ヘドウィグも普段は城からすこし離れた専用のふくろう小屋に住んでおり、時折ハリーの手紙を届けている。

たまにハリーの耳や指を甘噛みして親愛を示すが、機嫌が悪いとちょっと強めに噛んだり羽で叩いたりする。
主人のハリーにはとても懐いており、時々他のフクロウに嫉妬したこともあった。ハリーの親友ロン・ウィーズリーの飼いコノハズク、小さく未熟なピッグウィジョンのことはあんまり気に入っていなかった様子。
ハーマイオニー・グレンジャーも時々ヘドウィグを借りて手紙を運んでおり、ハリーに頼まれずとも気を利かせてハーマイオニーの所に行ってハリーへの手紙を運んで来たりしていた、とても賢いフクロウである。

七巻の追走劇の最中、デスイーターが放った呪文の流れ弾に当たって死亡。しかも追手を振りきるために、ハリーは彼女の遺骸もろともサイドカーを爆破しなければなかった。
映画版ではハリーを庇う形で呪文を受けて死亡する形に変更されている。

名前

ハリーが入学前に読んだ魔法史の教本、バチルダ・バグショットの「魔法史」に載っていた中世の魔女の名前から拝借したもの。
ヘドウィグはドイツ語起源のヘートヴィッヒという女性名の英語読みなので、この本に乗っていた女性はドイツ語圏、あるいはドイツ語圏周辺の魔女の可能性がある。
原作者は中世の聖人に関する本から名前を拝借した。この名の聖人は二人存在し、どちらもポーランド人女性で、母親学生の守護聖人ヤドヴィガ女王と、孤児の守護聖人シロンスクのヤドヴィガである。

関連記事

親記事

ハリー・ポッター はりーぽったー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヘドウィグ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヘドウィグ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124896

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました