ピクシブ百科事典

オートスコアラー

おーとすこあらー

オートスコアラーとは、TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアGX』『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』に登場する自動人形の総称である。
目次[非表示]

概要

シンフォギアに登場する自動人形の総称で、現時点でキャロル・マールス・ディーンハイムが制作した四体の自動人形とパヴァリア光明結社の所持する物に分かれる。
キャロルに仕える彼女たちの姿は姫を守る四人の騎士にも例えられ、「終末の四騎士(ナイトクォーターズ)」とも呼称される。

キャロルのオートスコアラー

レイア・ダラーヒム(CV:石上静香
派手なようで派手すぎない少し派手なレイアさん
派手なことを好むクールなオートスコアラー。巨大な妹がいる。コインを武器とし、錬金術でコインをトンファーやプレスなど別種の武器に変えることもできる。劇中では雪音クリスと対決することになり、最後はイグナイトモジュールに覚醒した彼女によって撃破された。
ファラ・スユーフ(CV:田澤茉純
オートスコアラー
常に礼儀正しく振る舞うオートスコアラー。4体の中では比較的に常識人。風を発生・操作する能力を搭載し、戦場では哲学兵装「剣殺し(ソードブレイカー)」を振るう。劇中では風鳴翼と対決することになり、最後はイグナイトモジュールに覚醒した彼女によって撃破された。
ガリィ・トゥーマーン(CV:村瀬迪与
センシティブな作品
性悪な態度で接する小悪魔的なオートスコアラー。ミカにエネルギーを与える役割を担う。戦闘では水を操り、地面を氷結させてスケートのように高速移動したり、剣状の氷柱を瞬時に作り出す能力を披露する。劇中ではマリア・カデンツァヴナ・イヴと対決することになり、最後はイグナイトモジュールに覚醒した彼女によって撃破された。
ミカ・ジャウカーン(CV:井澤詩織
さようなら、ミカ
マイペースで無邪気なオートスコアラー。4体の中では戦闘に特化したタイプ。形状を変化できるカーボンロッドを武器として搭載し、4分の間戦闘能力を増大させる「バーニングハート・メカニクス」と呼ばれる決戦機能も有する。劇中では月読調暁切歌と対決することになり、最後はイグナイトモジュールに覚醒した彼女達によって撃破された。


製造者

キャロル・マールス・ディーンハイム(CV:水瀬いのり
オレが奇跡を殺すと言っているッッ!!
4機のオートスコアラーを率いる錬金術師。錬金術で精製したホムンクルスに、自身の記憶を転写する形で半永久的に生き長らえる存在。かつて、父であるイザークが異端者として火刑に処された過去を持ち、その過去自体を「消えてしまえばいい想い出」と悲観する。


特徴

各個体の名称には属性や特性を示唆するキーワードが含まれており、キャロルは機能性を最優先に彼女達を設計した事が伺える。
またキャロルの精神構造の一部をベースにそれぞれのAIをデザインしているため、自動人形でありながら人間のように豊かな感情表現を見せ、モノローグを行う意思性も有している。

稼働に際しては錬金術共通のパワーソースである「想い出」を消費する事によって稼働し、全員が優れた身体能力を持つ。
戦場に於いてはそれぞれに備えられた属性と哲学兵装によって凄まじい戦闘能力を発揮し、これによってシンフォギア装者と互角以上の戦闘を展開する。その戦闘能力たるや、風鳴翼雪音クリスをして「化け物」「人間離れというより人外そのもの」と言わしめる程。
またその性質上、人工物である為、対人を想定した武術等は彼女達への有効打にならない。

他にも錬金術を用いる事で「アルカ・ノイズ」の召還や空間転移を可能とし、自身が見聞し会得した「想い出」を蓄え戦闘力へ変換するのみならず、他者と口づけをすることで対象の粘液から「想い出」を強制的に搾取する能力も備えるが、この機能は個体毎のコンセプトによって差異が見られる。

キャロルの制作した機体はレイア、ファラ、ガリィ、ミカの四体のみ。
キャロルはトータルバランスに優れたレイアをベースとした「レイアの妹」と言える個体も生み出しているが、こちらはオートスコアラーをそれと定義する機能を備えていない員数外にあたる。

オートスコアラーまとめ③【※百合注意】
センシティブな作品



戦姫絶唱シンフォギアGX

キャロルが長年計画していた世界解剖計画「万象黙示録」の為に暗躍し、シンフォギア装者のコンバーターを破壊して変身不能に追い込んだが、エルフナインがもたらしたダインスレイフをコアとした新機能・イグナイトモジュールを搭載した強化型シンフォギアにより徐々に圧倒されていく。

しかし、「強化型シンフォギアの前に彼女達が敗北する事」こそがキャロルの計画に於いて必要なファクターであり、シンフォギア装者達が奏でるダインスレイフの呪われた旋律をその身に受け、チフォージュ・シャトーへと送ることがオートスコアラー達に与えられた役割であった(そのため、必然的に敗北する事が定められていた存在であるとも言える)。

最終的には、ガリィはマリアに、ミカは調切歌に、ファラは翼に、レイアはクリスによってそれぞれ撃破された。
クリスやマリア達とは異なり人間ではない為か、オートスコアラーはと手を繋ぐことは一切なく、あくまでも「非道な敵」のまま倒されるという結末を迎えた。

センシティブな作品
ダ ン ス マ カ ブ ル



戦姫絶唱シンフォギアXV

廃棄躯体を使用する形で復活を果たし、ノーブルレッドヴァネッサミラアルクエルザに殺されそうになっていたエルフナインを救出する行動に出る。
これはエルフナインの身体がガリィ達の主君であるキャロルのもので、ガリィ達はエルフナインを亡きキャロル同然の存在と見なしており、彼女に絶対の忠誠を誓っているためである。

エルフナインを命懸けで守るガリィ達だが、廃棄躯体での復活のために身体能力が格段に弱体化しており、レイア、ファラ、ミカはノーブルレッドの反撃によって破壊されてしまう。
最後に残ったガリィもヴァネッサによる腹パンを受けて戦闘不能になり、悪態を見せつつエルフナインに励ましの言葉を残しながら力尽きた。

エルフナインを懸命に守ろうとする姿は見せたものの、主人公側である響達と和解することはなく、今まで犯した無数の殺人行為に反省することもなかった為、決して善人になったわけではない。
しかし、エルフナインはガリィ達の最後の行動に感謝の意を示し、復活を果たしたキャロルからも評価を得ることになった。

戦姫絶唱シンフォギアXD

キャロル同様並行世界の存在として登場。
キャロルが初めてプレイアブル化されたイベント「世界を識るための歌」からレイアとファラ、直後の後日談に当たるミニイベント「復活!!オートスコアラー」においてガリィとミカがプレイアブルとして参加。イベント当初はオリジナルの敵に操られていたがある人物の手で用意された「記憶の弾丸(メモリアル・バレット)」を使い自我を取り戻し記憶を取り戻す。以降はキャロルの補佐として行動することが多く原典で主人公側が果たせなかった「響達との和解」を間接的に果たす形となる。またクリスマスミニイベント『クリスマスキャロル』でサンタ役となったキャロルと共にプレゼントを届けたり2020年夏のイベント『渚の四騎士』では念願の水着実装事実上の主人公として進むことになる。また、前述のイベントやメモリアカードにおいて「ファラとガリィが生け花に興じる」、「ミカがガリィにキスされてガリィが戸惑う」、「キャロルをプールに誘う」など原典では見せなかった人間に近い描写を見せる形を見せ出した。また、「渚の四騎士」のメロウを筆頭に「大火を薙ぐ剣」では忍者型(通称傀儡忍者どこぞの宇宙忍者の奴ではない)「聖なる誓いの合重奏」では騎士型などオリジナルエネミーのオートスコアラーは登場しておりこちらは心を持たない完全な兵器として扱われることが多い。

CarolNein
マスター、



余談

ナイトクォーターズの名はワイルドアームズに登場した魔族の幹部四人を指す言葉が語源となっている。
また、オートスコアラーの武器や攻撃方法は、トランプや小アルカナのスートに対応しており、それぞれに設定されたファミリーネームはアラブのトランプで用いられていたスートと一致する。

パヴァリア光明結社のオートスコアラー

ティキ(CV:木野日菜
ティキ
パヴァリア光明結社の統制局長であるアダム・ヴァイスハウプトに付き添うオートスコアラー。

詳細は個別記事へ→ティキ(シンフォギア)

関連イラスト

シンフォギアまとめ⑧
第7話「もつれた糸を断ち切って」
オートスコアラーまとめ⑤【※百合注意】
奇跡の殺戮者
センシティブな作品
オートスコアラー



関連項目

戦姫絶唱シンフォギアGX キャロル・マールス・ディーンハイム
戦姫絶唱シンフォギアAXZ パヴァリア光明結社 アダム・ヴァイスハウプト
シンフォギアの登場人物一覧

関連記事

親記事

シンフォギアの登場人物一覧 しんふぉぎあのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オートスコアラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3458030

コメント