ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

風鳴八紘

かざなりやつひろ

風鳴八紘とは、アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」の登場人物。 イラスト左側の人物。
目次 [非表示]

CV:山路和弘


人物像

日本の安全保障を影から支える内閣情報官。

シンフォギア装者風鳴翼の父親にして、装者を統括する立場にある風鳴弦十郎の兄でもある。

冷徹・怜悧な性格の持ち主だが、自らの胸の内をさらけ出す事を苦手とする不器用な人物。

緒川を下の名前の「慎次」、弟のことを「弦」と愛称で呼ぶところに、ささやかな人間性が垣間見えている。

嫡男と紹介されているが「XV」での弦十郎との会話から、他にも兄弟はいる模様(弦十郎より上の男兄弟が少なくとも二人)。


表向きにこそ翼の父親とされているが、翼は彼女の「表向きの祖父」である風鳴訃堂が風鳴の血を跡継ぎに濃く残すことを目論み八紘の妻に産ませた子であり、実際には八紘や弦十郎の腹違いの妹にあたる。

そのような事情もあって彼は実の父である訃堂と風鳴の血族に対する嫌悪感を懐き、翼を遠ざけ彼女が家を出る直接の原因を作ってしまう。


                「翼!歌え、翼。」

           翼「ですが私では、風鳴の道具にも、剣にも…」


         「ならなくていい!」 「夢を見続けることを恐れるな!」


しかし、それは彼女の「歌手になる」という夢の障害足りえるであろう家の務めから遠ざける為であり、彼の不器用さと優しさの現れでもあった。

また、生まれて間もない頃の翼に憎悪にも似た複雑な感情を抱いていたが、訃堂への反逆の意も込めて彼女に古き家の習慣に囚われぬ自由を求めて欲しいと「翼」の名を与えている。


情報官として国民の生命、財産、権利を守るためには手段を選ばず、時として限りなく非合法に近い手段を講じる事もあるが、それはその状況で最善の手立てを即時遂行するが故である。

諜報員としての手腕も一流であり、独国の聖遺物研究機関アーネンエルベに対しても太いパイプを持つ。

更に高い現場保存能力を持ち、家を飛び出して散らかったままであった翼の部屋を10年もの間当時の状態に保ち続けて来た事からもその技術の程をうかがい知る事が出来る(この部屋を見たマリアは翼との想い出を風化させないためだったと察している)。


特異災害対策機動部二課、そしてそれを再編したタスクフォースS.O.N.G.が行動出来るのも彼による後ろ盾がある事が大きく、フロンティア事変後に国連のエージェントとして活動していたマリア・カデンツァヴナ・イヴをS.O.N.G.へ編入させ、エルフナインに政府保有の重要機密であるシンフォギアシステムに接触させる許しを出したのも彼であり、その繊細かつ剛腕な手法は静かに燃える炎とも喩えられている。

魔法少女事変が解決した後には、キャロル・マールス・ディーンハイムの日本侵攻について、欧州勢力などの後ろ盾があったのではないかと推測するなど、深い洞察力を見せている。


AXZ』では「神出ずる門」を開かんとする、パヴァリア光明結社の動向を予見し、レイライン遮断作戦を敢行。

失敗すれば日本そのものを荒野化させかねない、危険な作戦ではあったが、その豪腕によって各都道府県の承認を獲得し、実行するまでに至った。

……のだが、この作戦の最中に、「全く必要性の感じられない、セーフティーキー同時起動」「ハイテク技術を駆使しながら、実行されたのは口頭でも事足りたような人力作戦」「そのことに全くツッコまれないどころかドヤ顔までする」という、これまでのクールなイメージが、跡形もなく吹き飛ぶような奇行を立て続けに披露。やはりこの人もシンフォギア世界のOTONAだったと、改めて認識させられることになった。






※以下、XVのストーリーに関する重大なネタバレが含まれます。






第5期『XV』では、父親である風鳴訃堂の暗躍、ノーブルレッドとの繋がりを調査しており、証拠と国の承認を経て、弦十郎、マリア、緒川、部下達と共に風鳴邸に突入。訃堂の逮捕と、洗脳された翼の奪還の為に動く。



訃堂「この親不孝者めが!」



しかし、訃堂が用済みとし、翼を殺害するべく放った銃弾を己の身を盾に受けてしまう。

涙を流す翼に、



「私以外の男に…お前の父親面など、させたくなくてな……」



「翼……人は弱いから守るのではない。守るべき価値があるからだ……」



「……それを……忘れるな……」



と言い残し果てた。



なお、公式サイトの次回予告に記されていた以下の文章。



今さらに、『らしく』あれないのは分かっている。


なれど自分からは逃げられず、故に誰かに騙らせぬ。


どこにいても一緒だと──


不器用にただ、絆を思う。



共に公開された画像から、同話で再登場した立花洸を指したものと思われていたが、同時に八紘のことも現していた可能性がある。


自身は道半ばで倒れてしまうも直前まで訃堂らの圧力でアマルガムの使用禁止を解除・承認させる手続きを推し進めていた事が判明。翼の戦闘時に申請されていたため彼女が使用した事を罰されることはなかった(任務完了後利敵行為をしたにもかかわらず2,3日で翼は拘束解除が認められており、そこの過程にも事前に対策をしていた可能性は高い)。


加えて4期で強行に走った事で亀裂が走った米国と日本・各国の関係を修復するのを促し、その具体的なものとして聖遺物関連で多くの謎を秘めている月面の遺跡調査計画が確立(ノーブルレッドの妨害で計画自体は妨害されたが)。

緒川一族の協力もあり、こうした協力関係を結ばせていたおかげで世界はかつてない脅威に猛攻を受けたのに対し全力での抵抗に立ち上がる。


その全力を目の当たりにし、翼は父が考えていた人の守る意味を悟り、自分を取り戻すのであった。


最終話では装者7人による最後の絶唱の際にと共に翼の前に幻として現れる。


不器用ではありながら最後まで翼を支え続けたその姿は立派なOTONAであったことにほかならないであろう。



戦姫絶唱シンフォギアXD

機械仕掛けの奇跡』では並行世界の八紘が登場し、本編世界の翼と交流する姿が描かれた。

その世界では二課の司令になっており、その世界における翼がどうなっているかは不明だったが


関連項目

戦姫絶唱シンフォギアGX 戦姫絶唱シンフォギアAXZ 戦姫絶唱シンフォギアXV 戦姫絶唱シンフォギアXD

風鳴翼 風鳴弦十郎


中野マルオ五等分の花嫁の登場人物。ヒロイン達の父親であるが、実際は本当の父親ではなく、養父(彼女達を産んだ母親から託された)。当初は主人公はおろか、娘達にも冷淡な態度を取っていたが、実際は八紘と同じように向き合い方が分からない不器用な優しさを持った父親である。と娘達を見捨てた本当の父親が現れた際には、娘達を全力で守った。

関連記事

親記事

シンフォギアの登場人物一覧 しんふぉぎあのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244021

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました