ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

立花洸

たちばなあきら

立花洸とは、TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズの登場人物。主人公立花響の父である。
目次 [非表示]

CV:関俊彦


人物像

立花響の父親。立花家の入り婿であり、旧姓は守崎。

かつては商社に務めるごく普通のサラリーマンであり、責任感が強く、ポジティブに問題解決に邁進し、子煩悩ながらも優しく家庭を支える良き父親であった。

しかし、娘である響が「ツヴァイウィング」のライブに於いてノイズの襲撃を受け、生き延びた事に始まるノイズ災害生存者への謂れ無きバッシングから、人生を狂わされる事になる。


経歴


当初こそノイズに被災したという不運に見舞われた娘の生存を喜んでいたが、ライブで命を落とした者の中には彼の務める会社の取引先の社長令嬢がおり、これが引き金となって彼は社内プロジェクトから外され、社内で持て余されるように扱われた。

そしてプライドを引き裂かれた結果酒に溺れ、家庭内でも暴力を振るうようになり、ついには蒸発。仕事や家庭を放り出したまま、行方を眩ませた(回想では一応出ていくのに躊躇う様な表情はしていた)。


本人が登場したのは、第3期『戦姫絶唱シンフォギアGX』第7話。

立花家から離れた後の彼は口に糊をしながら各地を転々とし、茨城県にてガソリンスタンドのアルバイトとして働いていたが、この時点でかつての面影はすでに無く、軽薄な作り笑顔を以ってその場をやり過ごし、アルカ・ノイズの驚異を目の当たりにして避難誘導を行うよう促されながらも(後から逃げる余裕がある距離にいたにもかかわらず)居合わせた青少年を置き去りにして我先にと逃げ出したり、響を見捨てて逃げようとする卑屈さを顕にするようになっていた。

しかし、シンフォギア装者の任務で茨城入りしていた響とついに対面し、それを契機に再び家庭に戻れるよう努力するようになる。だが反省らしい反省をしてる様に見えない態度と情けなくも響に頼ろうとする(しかも対面した時金銭余裕が無いとはいえ食事代を頼む始末)他力本願の姿勢から、一度は彼女の反感を買い逃げられてしまう(響としては自分が彼をそんな有様にしてしまったという自己嫌悪という理由もあったが)。その後連絡を取ろうとするも露骨に無視されていたが無理しているのを心配した未来に促された響はもう一度話をする決意をする。

二度目の対面もやはりロクな主張が出来ていなかったがその最中キャロル・マールス・ディーンハイムの襲撃に遭う。それに怯え逃げ出すかと思われたが(いつから自覚していたのか不明だが)どれだけ逃げようと思っても自分は響の父親である事から逃げられないと悟っていた彼は響を守る為にあえて自分を囮とする勇気を見せうろたえ置いて逃げだそうとする振りをして落ちていたガングニールのペンダントを回収、抵抗に石を投げたと思わせてペンダントを渡すといったなけなしながらも勇気を振り絞って響を助け出す。

また自身が響に教えた常に支えの元となっていた言葉へいき、へっちゃらッ!の一言を以って響との絆を修復する切っ掛けとし、シンフォギアを纏って戦場へ赴く響の背中を応援する決意を貫き重傷のエルフナインを案じ、の事で葛藤する彼女とキャロルの思いを部外者なりに考える、響に再び激励を懸けたりと一連の戦いを見届けた。


そのは響の取りなしで立花家に顔を出せるまでになったものの、数年放置していた家族関係がそう一気に修復されるものではなく、アパートで一人暮らしを続けている。

XV9話では8話の戦闘でアマルガムの無断使用による処罰で謹慎処分や戦闘後に起きた出来事で落ち込んでいた響を迎え入れ、相談相手になり不器用ながらも響の口癖であった「私、呪われてるかも」という言葉に対して呪いと祝福は表と裏なんだという言葉をかけてあげた。そして何か事があったら家族の方は自分が引き受けると娘を送り出した。


余談

彼の名前である洸は、娘の名前と組み合わせると、『勇者ライディーン』の主人公の名前である、ひびき洸になる。

また、彼が初登場時に着用していたTシャツには、『REIDEE』という英語が書かれていたが、これも響の髪飾りを『N』の字に見立てると、組み合わせて『REIDEEN=ライディーン』と読めるようになる。

ライディーンには搭乗者の声を攻撃力に変換する、ゴッドボイスという武器があり、ある意味で響達の大先輩であると言える。


なお、担当声優の関俊彦は過去にワイルドアームズ3のドラマCDでジェイナス・カスケードを演じている。


関連項目




























「祝いと呪いは意外と近い物」

彼の座右の銘「平気へっちゃら」がいつしか重荷になっていた事と、字が似ている事を引き合いにして、再び戦場へ向かう響に語った言葉である。

これを聞いた視聴者の多くが、バラルの呪詛を暗示したものだと気付いたのだが、「人類の相互理解を阻む呪い」がどうしたら祝福に転ずるのかは流石に分からなかった。


その真相は、拍子抜けするくらい単純で、腰が抜けるくらい残酷なものであった。

(詳細は該当記事ネタバレ部分にて)

関連記事

親記事

立花響 たちばなひびき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147925

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました