ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

意味編集

「第六感」とは、五感視覚聴覚味覚嗅覚触覚)を超えて物事の本質を感じ取るとされる感覚の事である。

実際は平衡感覚」が六つ目の感覚(=「第六感」)だが、無視されがちである。

また2019/3/19には、「磁気を感じる能力」もあることが発見されたとの報道もあった。


直感」の事を「第六感」と呼ぶこともある。予感などを意味する英語「シックス・センス」の直訳という原義からすると間違ってはいない。

ちなみに、米国映画の題名「シックス・センス」とは幽霊感知する力を表す。


遊戯王OCG編集

カードテキスト編集

通常罠(禁止カード)

自分は1から6までの数字の内2つを宣言する。

相手がサイコロを1回振り、宣言した数字の内どちらか1つが出た場合、

その枚数自分はカードをドローする。

ハズレの場合、出た目の枚数デッキの上からカードを墓地へ送る。

解説編集

1から6のうち2つの数字を宣言した上でサイコロを振り、宣言した通りの数字が出れば数字の枚数分カードをドローするが、宣言した以外の数字ならカードを墓地へ送るという罠カード。

単純に考えて1/6の確率で一気に6枚も手札を増やせるという時点で既にゲームバランスをぶち壊しかねないものだが、失敗した際のデメリットも墓地から効果を発動するカードや墓地のカードを利用するカードが多数存在する遊戯王OCGでは実際には全くデメリットとして機能しない。むしろメリットである

そのため本来の意図としては「第六感でサイコロの出る目を当てるが、当てられなければデッキを大幅に失うリスクを負う」という物だったのだろうが、何も考えずに「5か6」を宣言すればどう転んでもアドバンテージに繋がる強力カードとなっていた。

そのあまりもの強力さに、このカードの現役時は遊戯王OCGそのものが「サイコロゲー」とすら揶揄されるほどである。

こんなぶっ壊れ性能のカードが見逃されるはずもなく、2005年3月1日に禁止カードに指定。罠カードとしては最速となる529日での禁止行きとなった。


最近ではサイコロを振った際に出た目が奇数なら6、偶数なら1に置き換える事ができるという永続魔法「出たら目」が登場。これと組み合わせることで6枚ドローの確率を2/3にまで上げられることに。

更に「4か6」を宣言すれば2以外の目(すなわち5/6の確率)で4枚以上ドローでき(外れた場合も2枚の墓地肥やしになる)、「1か6」なら100パーセント確実にカードをドローできる上に運次第で6枚もドローできるという強欲な瓶(カードを1枚ドローする通常罠)の上位互換になってしまうため、このカードはエラッタ(テキストの変更)でもされない限り禁止カードから戻ってくる事は無いだろう。

余談編集

別名・表記ゆれ編集

シックスセンス 第6感

関連タグ編集

 本能 直感 閃き 予感

勘:女の勘 野生の勘

創作者の第六感:想像力 感化 インスピレーション ヒント コレジャナイ

第六感の先にある概念:超能力 霊感 セブンセンシズ

関連記事

親記事

才能 さいのう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 604063

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました