ピクシブ百科事典

コロコロSplatoon

ころころすぷらとぅーん

『月刊コロコロコミック』にて連載されている漫画。作者はひのでや参吉。
目次[非表示]

概要

スプラトゥーンの世界観において本作の主人公であるゴーグル、及びが所属するチームの活躍や成長を描いた漫画作品。作者はひのでや参吉
任天堂のWiiU用ゲームソフトスプラトゥーンにおけるメディアミックスの一貫として『別冊コロコロコミックSpecial』2016年4月号から連載された。
2017年6月号からは『月刊コロコロコミック』へ連載枠が移動している。
なお本作の設定は『月刊コロコロコミック』2015年12月号において先行して掲載された読み切り版の設定を引き継ぐ形で連載されている。
ファンからの愛称は「コロイカ」。
2020年3月時点で累計発行部数が190万部を突破しており、コロコロの連載漫画としては異例の大ヒットを記録し、人気を博している。

※いずれも作品名は『Splatoon』であるが、原作ゲームと区別する為に記事では『コロコロSplatoon』と表記する。

作品紹介

  • ボケたおし落ちこぼれチームが最強エリート軍団に挑む!(読み切り時のアオリ)
  • ナワバリバトルでドアホチームが大暴れ!(単行本一巻カバーより一部抜粋)


主人公であるゴーグルのチームはアホなことで(悪い方に)有名な落ちこぼれチーム。
そんなダメダメチームが味方も敵をも巻き込んで繰り広げるドタバタコメディアクション。

独自設定など

  • 原作とは異なり、インクカラーはチームごとに固定。白黒媒体であることを考慮してか?
  • ハイカラシティではウデマエS+の中でも特にスゴウデの4人は"S4"と呼ばれておそれられているらしい。


ストーリー

ハイカラシティ編

ナワバリバトルの大会に出場するゴーグル達だったが、初戦でいきなり格上プレイヤーのライダーのチームと当たることになる。なんとか彼に勝つものの、エキスパートプレイヤーである4人のボーイ(S4)の目に留まり、彼らと戦う事となる。

ヒーローモード編

ハイカラシティのイカスツリー横にあるマンホールに落ちたゴーグルとライダー。到着した場所はタコのオクタリアン達が住むタコツボバレーだった。そこに住む唯一のイカ、アタリメ指令から、タコ達が盗んだイカスツリーのオオデンチナマズを取り返す事を依頼される。
かくして「New!カラストンビ部隊」3号と、その2になった2人はオクタリアンの拠点へ乗り込んだ。

ハイカラスクエア編

ハイカラスクエアへやって来たゴーグル達。だが到着早々、屋台を壊してしまう。その為、スクエアキング杯という大会にエントリーし、優勝チームの副賞を弁償に当てることにした。
難なく予選を勝ち進み、本選出場を決めたが、優勝へは大会5連覇を狙うエンペラーを負かす事が絶対条件だった。

オクト編

バイトの帰り道、うっかり海に落ちてしまいそのまま地下へと流されてしまったゴーグル。アタリメ司令と再会し記憶喪失のタコ「ハチ」と共に地上を目指すことに。駅で出会ったデンワ曰く「約束の地に行くにはアレを4つ集めなければならない」らしいが...?

スクエアキング・ガチ杯編

フェス中に出会ったチーム、Xブラッドから大きな大会がある事が告げられる。その大会とはガチマッチで戦うスクエアキング・ガチ杯だった。ブルーチームはブルーペラチームとしてロブの屋台を弁償するために大会に臨む。

登場人物

ブルーチーム

アホで有名な主人公チーム。インクの色はブルー。
ウデマエは悪いが、バトルを楽しむ気持ちはエリートにも負けない。

キャラクター名使用ブキ名前の由来になったギアウデマエ
ゴーグルくんスプラシューターコラボパイロットゴーグルC-
メガネくんホクサイ(など)クロブチレトロC+
ヘッドホンちゃんスクイックリンα(など)スタジオヘッドホンB-
ニットキャップちゃんバケットスロッシャー(など)ボンボンニットC

ライバルキャラクター

バトルを繰り広げるライバルチーム。展開上、チームリーダーが特にピックアップされる。
ライバルである彼らには「くん」「ちゃん」の愛称はつけられていないが、二次創作界隈においては主人公サイドにあわせる形で愛称をつけられることが多い。

ハイカラシティ

キャラクター名使用ブキ名前の由来になったギアウデマエチームカラー
フェイスゴーグルくんホットブラスターフェイスゴーグル?イエロー
ライダーくんダイナモローラーテスライカライダーBLACKS+イエローグリーン
アーミーくんN-ZAP85モンゴウベレーS+オレンジ
バックワードくんスクリュースロッシャーバックワードキャップ?グリーン
アロハくん.52ガロンおどるイカアロハS+ピンク
マスクくんカーボンローラーデコタコマスクS+シアン
スカルくん3KスコープカスタムイカスカルマスクS+パープル
サイクルメットくんホットブラスターカスタムサイクルメット?ダークグリーン


ハイカラスクエア

キャラクター名使用ブキ名前の由来になったギアチーム名インクカラー
グローブくんスプラマニューバーイカブラックV(に付属する手袋)グローブチームネオングリーン
イカロスくんスプラシューターイカロスHKメットイカロスチームオレンジ
テニスバンドくん14式竹筒銃・甲テニスバンドFCチームダークブルー
スクールメトリーちゃんシャープマーカースクールカーデスクールカーデチームピンク
スミカケくんプライムシュータースミカケシャツスミカケチームライトブルー
イカマスクくんプロモデラーMGキングオブマスクはぐれイカチームダークオレンジ
エンペラースプラマニューバーコラボ漫画オリジナルギアエンペラーチームサンイエロー
ハチくんホットブラスター無しハチチームマゼンタ
イカカゲくんノヴァブラスターベッチューイカカゲマスク仮装ラブチームライトパープル
ソシナボウズくんキャンピングシェルターソレーラアセストップソシナアセストップソシナチームライトオレンジ
イロマキレッドくんスパッタリーイロマキ750レッドイロマキレンジャーズミッドナイトピンク
ヴィンテージクーゲルシュライバーヤコナイロン ヴィンテージXブラッドアクアブルー


その他のキャラクター

おなじみハイカラシティのアイドルユニット。要所で現れてゲームの実況・解説をしてくれる。原作より真面目にしゃべってるような気がするのは秘密。

ハイカラシティのマンホールに住まう老イカ。活躍目覚ましいゴーグル(ついでにライダー)に目を付ける。

ハイカラスクエア編から登場。原作と同様に屋台を経営しているが作中では2度も屋台を壊されている。

ハイカラスクエア編で登場。スクエアキング杯の準決勝から実況を担当する。
オクト編ではゴーグルくん達のサポートをする。

コミックス情報

2016年7月28日にコミックス第1巻が発売。
最新刊は第11巻(2020年3月27日発売)。
巻末にはふろくとして全チームのブキとギアを紹介した「せんしゅめイカん」やおまけ漫画などが付属。

余談

  • 実は漫画版の初出は『月刊コロコロコミック』2015年6月号。読み切りとして掲載されたが、ゲーム発売前の発売(5月15日)とあって実際に発売された原作とは異なる部分が見られる。
  • ブキやギアの描写が原作準拠であり、やろうと思えば原作でもきっちり再現できる。
  • 「飛び散ったインクにセンプクして接近」「メインとサブを交互に使って追い詰める」「逃げたと見せかけてボムを転がしておく」等、原作ならではの細かいネタも。
  • 原作ゲームにおけるキャラデザイナーの井上精太さんによる、漫画版の主要キャラたちの描き下ろしイラストが単行本末に盛んに掲載されている。


アニメ

一般的なキャラが細かく動くのではなく、漫画のコマを動かしたりカメラワークで動かし、セリフにCVを当てたコミックアニメ。
CVは若干クセが強めなので、イメージと違っていてもご愛嬌


関連イラスト

「オレ一人いればな。」の直前
ライダーくんとアーミーくん


無題
S4



関連タグ

Splatoon Splatoon2

関連記事

親記事

splatoon すぷらとぅーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コロコロSplatoon」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3069210

コメント