ピクシブ百科事典

霞ヶ丘詩羽

かすみがおかうたは

『冴えない彼女の育てかた』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日1月31日(みずがめ座)
身長168cm
3サイズB89/W61/H88
CV茅野愛衣


人物像

豊ヶ崎学園に通う高校3年生で、下級生からの人気が高い美少女。
成績は優秀で学年トップに君臨するほど。普段は物静かだが毒舌な面があり、真顔で下ネタを言ったりもする。その内容は安芸倫也と自身を対象にしたものである。
実は裏で霞詩子のペンネームでライトノベルを書いている人気作家でもある。
倫也のサークル『blessing software』では脚本を担当。

不死川書店のファンタスティック大賞に選ばれて、処女作『恋するメトロノーム』で新進ライトノベル作家としてデビュー、活動している。
物語開始前年、初めてのサイン会で後輩の倫也と会って以来、自作『恋するメトロノーム』について語り合うようになり、倫也が語る妄想や要望に対して後続の巻で答えるなど、倫也に向けた作品作りをするようになっていくが、自作の遠回しの告白でもある発売前の最終巻の原稿を読んで感想を求めたものの、あくまで一介のファンでいようとする倫也に拒絶され、倫也を皮肉の意味で「倫理(りんり)君」と呼ぶようになり、物語開始時までの3ヶ月以上、倫也と音信不通状態を続けていた。

自他とも認めるヤンデレキャラで、アニメ版では怒ると髪の毛が炎のように舞い上がって燃えるような轟音を出す。
当初はクールなキャラクターで澤村・スペンサー・英梨々に澄まして毒舌を吐いていたが、中盤の加藤恵と倫也のデートから取り乱すなどし、次第にボケキャラへとなった。
学園卒業と同時に紅坂朱音に引き抜かれてサークルを脱退するが、脱退の理由の一部を敢えて語らず、倫也に嫌われようとした。それでも倫也が詩羽の選んだ進路を応援することにしたため、倫也にキスして、倫也のことを「諦めることを諦める」。それ以上倫也に強く迫ることはやはりしないものの、以後も倫也とは手を繫ぐなど肉体的にも接触を求め、倫也とサークルのことを気にかけて連絡を取っている。
(なお、倫也に強引にキスした際には「不倫理君」、倫也と肉体関係まで行くところを夢想した時は「絶倫理君」と呼んでいた)

他の人物との関係

英梨々とは不仲で、幾度となく熾烈な女の戦いを繰り広げる(大抵は英梨々が負ける)が、彼女のイラストレーター「柏木エリ」としては高く評価している他、倫也に他の女の影がちらつくと共闘することもある。
恵もその他の女の一人だが、恵も負けじ劣らずの毒舌で、やんわり返されることも。WEB予告版では恵の倫也に対する壮絶な皮肉にドン引きしていた。

サークル参加後から次第に倫也へのアプローチがエスカレートし、どさくさにまぎれて倫也にキスをしようとする、裸で勝手にベッドイン、バーでデートに誘う、仕舞いにはほぼ逆レイプに近い事を倫也にしようと仕掛けたり…。
とまあ肉食系女子なのだが、素直な感情表現が出来ない為正直に思いを告げる純粋な告白が出来ず、英梨々からは「口先だけのチキン」「ヘタレ」等揶揄されている。

ネタ

とりわけメタ発言が多く、「前回出番が全くなかったから」と倫也のベットに潜り込んだり、WEB予告では第2期の前番組『クズの本懐』で性描写が多かったから自分達も規制に挑戦しようと言い出したり。
英梨々に対し「君が持てない理由を教えましょうか」と中の人ネタをやったりも。

関連イラスト

霞ヶ丘 詩羽
冴えない彼女の育てかた



関連項目

冴えない彼女の育てかた 安芸倫也 加藤恵 澤村・スペンサー・英梨々

pixivに投稿された作品 pixivで「霞ヶ丘詩羽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12593204

コメント