ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アニメ版の担当声優杉本ゆう
8月21日生まれ。しし座。身長165cm、体重55kg。

地球へ出稼ぎにきた天人(あまんと)で、猫耳おかっぱの妙におっさんくさい顔をした女性。「スナックお登勢」の従業員を務めており、店の二階を貸りている万事屋一同によく家賃の請求をしにいく。
スタイルは抜群なのだが、如何せん顔が残念すぎるせいであらゆる萌え要素が死滅している(当人曰く「そのギャップが良い」とのことだが……)。典型的な片言の日本語をしゃべるが、これはキャラづくりの一環らしく、その気になれば普通に話せるらしい。また口も相当悪く、態度もかなり高圧的。そのため万事屋の面々とは折り合いが悪く、特に神楽とは犬猿の仲でおまけに自身の欠点を棚にあげて人を見下す為、お妙長谷川といった万事屋以外の人物からも基本的に嫌われている。
ただし内心では銀時を始めとする万事屋を認めているところもある

怪盗キャサリン


かつては盗賊団「キャッツパンチ」の一員にして「鍵っ子キャサリン」の異名を持つ凄腕の怪盗だった。あらゆる場所に忍び込む潜入スキルと、どんな鍵でも開けてしまう高度なピッキング術を持ち、現在もその技量は衰えていない模様。かぶき町四天王篇ではそのスキルを活かし、華陀の人質となっていた西郷特盛の息子てる彦を救出する役目を担った。

最初はお登勢に拾われてスナックで大人しく働いていたが、盗人としての衝動が抑えられずにスナックの金庫から店の金を盗もうとして万事屋に取り押さえられ、警察に突き出される。しかし、お登勢は彼女を責めることはせず、釈放後は盗みから足を洗い、スナックに復帰して真面目に働いている。
こうした経緯からお登勢に強い感謝の念と憧れを抱いており、いずれはお登勢のような「みんなを受け止められる大きな女(ひと)」になって、皆が笑って過ごせる店を持つことを夢としている。四天王篇でお登勢が次郎長に斬られて入院した時は酷く憔悴し、弱音を吐く銀時に激怒して掴みかかる一幕もあった。
また、恩人であるお登勢を裏切らないためにも、もう二度と盗みには手を染めないと固く誓っており、かつての仲間であるクリカンからキャッツパンチへの復帰を要求された時は逆上したクリカンに殴られ罵声を浴びせられながらも最後まで拒否し続けた(クリカン達は駆け付けた銀時に成敗された)。

看板娘


なお、恋愛をすると劇的に美少女化する(※画像左、ちなみに右側は若いころのお登勢)。
どういうことなの……

銀ノ魂篇では、戦争が終結してから僅か2年で急速に老け込んでしまっている。

関連イラスト

キャサリン
【練習】タマキュア


キャサリン
Live Action



関連タグ

銀魂 お登勢 たま スナックお登勢 万事屋

関連記事

親記事

スナックお登勢 すなっくおとせ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キャサリン(銀魂)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 310

コメント