ピクシブ百科事典

マーティン・ジグマール

まーてぃんじぐまーる

マーティン・ジグマールとは、『スクライド』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

さあ、侵攻と攻撃を開始しよう。自覚と覚悟はいいかね。
CV:高田祐司
対アルター能力者特殊任務用警察HOLYの隊長であり、ロストグラウンドで最初に確認されたアルター使い。本土で精製を受けており、アルターは強力ながらも使用し続けると老化してしまう。年齢は26歳。

活躍

ホーリーを指揮し、ネイティブアルターと呼ばれるロストグラウンドのアルター能力者たちを捕らえ、本土に送って人体実験に提供するという非道な計画に手を貸している。しかし、それは自分が本土とロストグラウンドの間に入り、これ以上の本土の介入を抑制するためと息子イーリャン(正確にはジグマールの細胞を使ったクローン)が、アルター使いとして差別されることなく、人として生きる場所を作るための行動であり、最終的にはアルター能力者の地位向上を望んでいる。また隊長としての職務遂行の結果、隊員の橘を解任した折や、隊員の雲慶が死亡した折は、胸中で密かに謝罪や自罰の念を深めた。
それゆえ、ネイティブアルターの事を何も考えない無常に対しては、身分も能力も上なので逆らえないまでも、言外に反抗心を表していた。
自らの理想のため有能なアルター使いを求めており、昔からその才能を見込んでいた劉鳳と類まれな力を持つカズマに目をつける。ホーリー本部が無常に占拠された際に、劉鳳のさらなる成長を促すためにあえて敵対し、その成長を見届け、敗れる。
最後は、イーリャン、瓜核、劉鳳にその思いを託し、アルターの副作用による老化によって、息をひきとった。
サウンドエディションでは、さりげなくギャグを言って自分のギャグに自分で笑い、劉鳳とシェリスを唖然とさせるという意外な一面も見せた。

アルター能力:アルター・エイリアス

自らも武装する融合装着型と人型の兵器を作り出す具現化型という二つのアルター能力を同時に駆使するという珍しいタイプ。空気を圧縮し、防壁や攻撃に利用する。しかし使用するだけでも老化し、徐々に弱体化してしまう。

漫画版

漫画版はホーリー隊長という設定以外、目的・性格・設定年齢をはじめとした全ての点で異なる。
しかし色々な意味でインパクトが強いせいか、pixivに投稿されている彼のイラストはそのほとんどが漫画版準拠である。

ジグマール「マーティン・ジグマール 設定年齢19歳 蟹座のB型ッ!!!」(若い姿に変身)

じぐまーるさん19さい


カズマ&劉鳳「美・・・美形だっ!!!」
(なおTV版声優がこのシーンを演じたドラマCDも存在する)

活躍

本土の介入を抑え、ロストグラウンドのアルター能力者の社会地位向上を目指すアニメ版と違い、完全に私利私欲の人となっている。ただし表面上、ストレイト・クーガーをはじめ協力者を得るために大義名分として同様の理想を掲げている。ところが物語の終盤、実は究極の進化を遂げ、知性を得たアルター能力ギャランドゥに利用されていることが判明する。

アルター能力:ギャランドゥ

つーか、アルターに頼るなあ!
漫画版のマーティン・ジグマールのアルター能力。アニメ版と同じく「人間ワープ」、「スーパー光線銃」などの融合装着型と知性を持った人型、ギャランドゥの具現化型の二つを駆使する。
ギャランドゥは極限まで進化させたジグマールのアルター能力で自ら「最終進化」と自称する。彼は知性を持ち、自立するアルター能力である。ギャランドゥは人間をアルターを作り出すための道具と見做しており、人間を捨て石にアルターワールドを建設するという野望を抱いていた。
彼はジグマールにタイムマシンを作らせ、人間が誕生する以前の時代へ向かい、何の抵抗も受けずに世界を手にするという戦略を打ち出したが、カズマによって敗れてしまう。

関連タグ

スクライド ストレイト・クーガー 劉鳳 シェリス・アジャーニ 瓜核 イーリャン

pixivに投稿された作品 pixivで「マーティン・ジグマール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85545

コメント