ピクシブ百科事典

橘あすか

たちばなあすか

橘あすかとは、『スクライド』のキャラクター。そして天才的な『タマ』の使い手。
目次[非表示]

僕の、僕の大事なタマをぉー!!

人物

CV:岩永哲哉

『スクライド』に登場するホーリー部隊隊員。
通り名は特に無いが、ファンからは『タマの人』と認識されている。
中性的な容姿の男性で16歳。
貧しいインナー出身で、隊員として市街で裕福な生活を続ける事に固執している。
HOLYに所属するまでにそういった苦しい生活を行っていたためか、肩書や立場を非常に重視しておりプライドの高い、まさにエリート意識の塊とも言える人物。
貧しい自分へのコンプレックスを持っていたがためにHOLYへの帰属意識は非常に強固で、過去の自分と同じような立場にいたカズマに対しては『何故HOLYに入らないのか』と疑問を抱き、彼の価値観を一方的に否定するなどのやや独善的で独り善がりな一面を持つ。

初登場は三話で変装したカズマに不意打ちを喰らうという何とも情けない登場だった。
その後、カズマが"絶対に負けられない敵"として劉鳳の名を刻もうと彼に名前を聞いた際に自分の名前を聞かれたと勘違いするなど自意識の高さが窺える。
その後、上述の意趣返しもあってか、脱走したカズマの追撃に意欲を見せ戦闘を行うも覚悟の差からか敗北。
その後、マーティン・ジグマールの隊長命令でホーリーを除隊する事になるがHOLYでない自分に価値はないとして、納得する事が出来ず復帰を懸けて独断で再戦を挑む。
トラブルによって一時カズマと共闘し、友情のような何かを彼と育み当初は自分と同じだと思っていた彼の真っ直ぐな生き方と信条に感銘を受け、"負けられない理由がある"と意気込みトラブルの解決後に再戦するも敗北。しかし、本人は満足げな様子だった。
以降はカズマの影響を受け、HOLYではない自分に何が出来るかという新たな生き方を見出しブローカー会社を設立し、水守と組んでロストグラウンド復興に尽力している。
そして、HOLYからの脱退後は若干肌が浅黒くなっている。日焼けしたのだろうか。

映画版では『橘グループ』なる会社を設立しており、カズマやかなみ、クーガーを迎え入れて業務を行っている。
カズマとの共闘のきっかけとなったアルター使いの動物「プーリー」は、子も含めて彼が引き取っており事務所で世話をしている。
元同僚のクーガーは水守目当てで頻繁に事務所を訪れ、その縁で除隊後も彼との交流が続く。彼からは「社長」と呼ばれることがある。
ジグマールに疑心を募っており、それは私怨とシェリスに指摘されるとはぐらかした。
無常との戦いを終えたカズマ達の救助を行うなど派手さはないものの、いぶし銀のような活躍が垣間見えた。

スクライドの登場人物の中でも精神的な意味で最も成長したキャラクターでもあり、序盤から終盤までの立場や印象が大きく異なる。
特に、本土から出戻ったビフくんとの戦いでの台詞である『いいえ、逃げません。ここはそんな事が出来る場面じゃない!諦める方向には進みたくない…そう、ここは抗う場面です!!』が彼の成長を如実に表していると言える。
根が優等生であったのか、カズマから受けた影響も良い方向へと働いていたようだ。

恋人のキャミィとは小説で結ばれ一児を儲けるなど片思いに終わったり愛する人を待たせ続けたりするスクライドのキャラクターには珍しい女性関係に何ら問題の無い人物でもある。

ドラマCDにおいては、TV版と違いかなり酷い冷遇を受けた揚句に雲慶の脚本の主役「とんでナイス」を押し付けられた。
声優の岩永哲哉はこういう役も嫌いではないと語っている。
アニメブックによれば、橘あすかの髪型はアニメの無限のリヴァイアス相葉昂治蓬仙あおいをミックスさせた平井久司のデザインとのこと。
監督の谷口悟朗は「当初はもっとクールなキャラになる予定だったが、脚本が進むにつれてヘタレてしまった」とコメントしている。
ちなみに、映画版では尺の都合上カズマとの共闘が丸ごとカットされており、かなり無理のある繋ぎ方になってしまった。
監督も自覚していたようだが、苦渋の決断だったようだ。

漫画版では
「そんな貧相な棒で僕のタマに勝てるとでも!?」
「僕のタマは二つある!」
「僕のタマが…棒に!」
などと連呼するギャグキャラになっている。
最終回では氷漬けの恐竜を発見(カズマとは入れ違いになった模様)。
エピローグではキャミィと共に宇宙人を迎え撃った。

使用アルター

エタニティ・エイト


B級(漫画版ではA級)に分類され、複数のアルター能力の型の特徴を持つ万能型と言える。
様々な目的に応じて用途を使い分ける事が可能である。

1.一列に並べて剣のように扱う攻撃。
2.円形に展開することによる防御。
3.脚に宝玉を纏わせ、体を浮かせての移動。
4.輪っかのように展開し相手を拘束。
5.相手の額につけて脳に直接干渉できる生命体操作。
 状況に応じてさらに治癒力促進。
6.宝玉には発光能力もあり、攻防のみならず、使い方しだいで人命救助もできる。

"万能さ"が強みと言われる通り、非常に万能であり腐る事が無い優秀なアルターである事が窺える。
HOLYのような集団で行動する組織であればサポートとして咽喉から手が出る程欲しい存在であると言えるが、集団戦でタマを活かせた描写は特にない。不憫である。
TV版ではカズマとの再戦にてシェルブリットとの正面衝突の際に向こう側の扉を開きかけている事からも彼自身の能力の高さが見て取れる。
何より、カズマとの今後の命運を賭けた真剣な戦いの最中に『タマ』という言葉を連呼するため凄まじいシュールギャグのようになってしまい視聴者の腹筋を破壊する能力を持つ。

さらに、左手に弓を形成し、宝玉を矢の弾として射出して目標の意識を乗っ取る
エタニティ・エクストラショット』という切り札まである。
お披露目であるビフくん戦では相手が精神崩壊していたため効果が無かったが、常夏姉妹の晩夏を一発で戦闘不能にするなど地味に強力な切り札である。
なお、作中でアルターを自力で進化させているのはカズマ、劉鳳、そして天才的なタマ使いの橘あすかのみだったりする。
しかし、これほど万能な能力ではあるが、ゴリ押しにはとにかく弱い。

なお、企画段階では名前の通り、様々な色(赤や青、黄色など)に着色された八つのタマだったが複数の色を動かす手間や当時のカラー技術的に断念され緑色に統一された。

関連タグ

スクライド 桐生水守

関連記事

親記事

スクライド すくらいど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「橘あすか」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「橘あすか」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50427

コメント