ピクシブ百科事典

橘あすか

たちばなあすか

橘あすかとは、『スクライド』のキャラクター。そして天才的な『玉』の使い手。
目次[非表示]

概要

CV:岩永哲哉

『スクライド』に登場するホーリー部隊隊員。貧しいインナー出身で、隊員として市街で裕福な生活を続ける事に固執していた。中性的な容姿の男性で16歳。
カズマに敗れたためにマーティン・ジグマールの隊長命令でホーリーを除隊。復帰を懸けて独断で再戦を挑むも再敗北。以後はカズマの影響を受け、新たな生き方を見出しブローカー会社を設立し、水守と組んでロストグラウンド復興に尽力している。
共闘のきっかけとなったアルター使いの動物「プーリー」は、子も含めて彼が引き取っている。
元同僚のクーガーは水守目当てで頻繁に事務所を訪れ、その縁で除隊後も彼との交流が続く。彼からは「社長」と呼ばれることがある。
ジグマールに疑心を募っており、それは私怨とシェリスに指摘されるとはぐらかした。


恋人のキャミィとは小説で結ばれ一児を儲けている。
ドラマCDにおいては、アニメ版と違いかなり酷い冷遇を受けた揚句に雲慶の脚本の主役「とんでナイス」を押し付けられた。
声優の岩永哲哉はこういう役も嫌いではないと語っている。
アニメブックによれば、橘あすかの髪型はアニメの無限のリヴァイアス相葉昂治蓬仙あおいをミックスさせた平井久司のデザインとのこと。
監督の谷口悟朗は「当初はもっとクールなキャラになる予定だったが、脚本が進むにつれてヘタレてしまった」とコメントしている。

漫画版では
「そんな貧相な棒で僕の玉に勝てるとでも!?」
「僕の玉は二つある!」
「僕の玉が…棒に!」
などと連呼するギャグキャラになっている。
最終回では氷漬けの恐竜を発見(カズマとは入れ違いになった模様)。エピローグではキャミィと共に宇宙人を迎え撃った。

アルター能力

ランクこそB級(漫画版ではA級)の能力者だが、八つの宝玉を操る能力『エタニティ・エイト』の汎用性は非常に高い。具体的には

1.一列に並べて剣のように扱う攻撃。
2.円形に展開することによる防御。
3.脚に宝玉を纏わせ、体を浮かせての移動。
4.相手の額につけて脳に直接干渉できる生命体操作。
 状況に応じてさらに治癒力促進。
5.宝玉には発光能力もあり、攻防のみならず、使い方しだいで人命救助もできる。

さらに、左手に弓を形成し、宝玉を矢の弾として射出して目標の意識を乗っ取る
エタニティ・エクストラショット』という切り札まである。

しかし、これほど万能な能力ではあるが、ゴリ押しにはとにかく弱い。

関連タグ

スクライド 桐生水守

関連記事

親記事

スクライド すくらいど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「橘あすか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42004

コメント