ピクシブ百科事典

君島邦彦

きみしまくにひこ

君島邦彦とは、『スクライド』のキャラクター。

概要

CV:山崎たくみ

スクライド』に登場するインナー。
カズマの親友であり便利屋に仕事を斡旋するフィクサーカズマとはロストグラウンドで共に仕事をするパートナーでもあった。17歳。
カズマを最も信頼する一人であり、逆境の際には弱音を吐きながらも、常にカズマと行動を共にしていた。
アルター能力者ではないが、拳銃はそれなりに使える。カズマをよく仕事場までで送ってやっているが、送る度にホーリーとの戦闘で破壊されるのがお約束

また、カズマにとっても彼の存在は大きく、寺田あやせが敵として登場した際にも、カズマは君島の幻によって復活し、勝利している。
アルターを持たない己に劣等感を抱き、能力者に引けを取らないような命懸けの役回りを己に課す。
自らを人質の身分に追いやり、体を張ってカズマをサポートした事もある。カズマやビフを含むネイティブアルターの連合が結成されたのは君島の功績だった。
苦戦するカズマを助けに行く道中、武装警察ホールドの一般隊員に銃撃を受ける。
その傷を押してダースとの戦いをアシストし、最後はカズマの背で静かに息を引き取った。
__彼の最後の活躍となった12話のサブタイトルは、『君島邦彦』だった…。

その死は、その後の物語におけるカズマに多大な影響を及ぼしている。なお、カズマの「迷わない、一度決めたらとことん貫く」生き方に憧れていた。
ちなみに彼が銃撃を受けた際に発した言葉「意地があんだよ、男の子にはな!」という言葉は、彼が死んだ後、無常矜侍との決戦時にカズマが同じ言葉を叫んでいる(カズマはこの意地により「向こう側」から強引に力を引き出した)。

美しい女性には過敏な反応を見せ、ドラマCDでは男と思われている箕条晶が女ではないかとさえも疑っていた。
寺田あやせに恋心を抱いており、アニメ版では両者とも別々の場で命を落とし結ばれなかったが、漫画版では最終回で夫婦になっており一子を授かっている。
ファンディスクの座談会によると、かなみ役の田村ゆかりは作中で一番好きなキャラに君島を挙げている。

関連タグ

スクライド カズマ 寺田あやせ 由詑かなみ
悪友 三枚目

関連記事

親記事

スクライド すくらいど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「君島邦彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50871

コメント