ピクシブ百科事典

寺田あやせ

てらだあやせ

寺田あやせとは、『スクライド』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

「あやせ、寺田あやせよ。忘れないで。」「自信ねぇな。」
CV:西原久美子

17


君島が好意を寄せている美しい女性。切れ長の目と長い茶髪を持つ。アルター能力者だが、町の人達の偏見を恐れており、・明にまで能力を隠している。

君島とはドラマCDの3.4話の時点ですでに知り合っており、「さん」付けされてる所から君島より年上と思われる。カズマからはしばしば名前を忘れられて、その度に答えている。
留守の合間に立浪ジョージ率いるホーリー部隊に弟の明を含め村人が全員攫われた際、君島とカズマと共闘する。この時のカズマとの出会いにより、心境に変化が生じ「目の前の壁を突破する」という信条が出来た。

その後も君島率いるネイティブアルターの連合に参加するも、作戦が失敗に終わり、ホーリーに捕らわれ、本土に身柄を移送されてしまう。
その後は病気に倒れた明の治療をするため無常矜侍に協力し、本土で精製を受けアルターを進化(後述)させ、ロストグラウンドへ帰還してカズマと戦闘。
その最中、右手につけた明の心拍数の表示装置で明の死を知り、戦意喪失。無理やり強化したアルター能力がたたり肉体が限界を迎え、カズマの腕に抱かれ眠りにつく。
カズマに対して好意を抱いていたようで、最期の瞬間などにもその想いを露にしていた。
君島と並んでカズマのその後に影響を及ぼした一人である。
アニメブックによれば、元々はゲストキャラとしての登場だった模様。

漫画版では単なるモブ扱いで、最終回で君島と結婚し1児の母となった。

アルター能力

能力名はノーブル・テンペスト。長いが触れた物体を、無音でに再構成するアルター能力であり、使用する際には髪飾りのようなアルターが発現する。

後に本土で強化を受けたノーブル・テンペスト改は首飾り型で、後ろに巨大な女神像のようなアルターを作り出す。周囲を無理矢理海水に変え、ナトリウムマグネシウムを自在に生成して戦うことが出来る。

関連タグ

スクライド 君島邦彦 カズマ 人魚

関連記事

親記事

ネイティブアルター ねいてぃぶあるたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「寺田あやせ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19504

コメント