ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要である!

江田島平八によって作られた学校であり、全国のゴンダクレ供を集めて将来日本のかじ取りをする真のエリートに鍛え上げる学校である!


魁!!男塾」及び「暁!!男塾」、ならびに「極!!男塾」の舞台ともなっておる!


真面目な概要である!

全国津々浦々の学校を退学させられて行き場のなくなった札付きの不良を集めてスパルタ教育を施し、一人前のに育てる架空の教育機関。全寮制で、生徒数はおよそ300人。

生徒は「塾生」、教員は「教官」と呼ぶ。基本的に女人禁制(教官含む)の男子校だが、過去に女子塾生が男達に混じって学んでいた事がある。

入塾資格は15歳以上(私立極道高校2011より)で、入塾の可否は塾長である江田島の独断で決定される。


規則は厳しく、上記の通り女人禁制である上に恋愛も禁止。『曉』では携帯電話の持ち込みも厳禁。制服は学ランで西洋的な物は一切禁止され、軍歌君が代・塾歌以外の歌を歌うことは許されない。

下着もフンドシ以外は厳禁とされているが、唯一髪型やファッションは自由で、モヒカンリーゼント等、様々な髪型の塾生の姿が見える。


三年制で、各学年生を「一号生」「二号生」「三号生」と呼ぶ。基本的に下級生が上級生に逆らったり、塾生が塾長や教官に逆らったりすることが許されない絶対封建主義体制を敷いているが、三号生の権力は筆頭大豪院邪鬼の力によるものなのか教官をも上回っており、手を出したり命令したり出来るのは塾長の江田島のみ。

仮に下級生が教官や上級生に歯向かった場合は上官反逆罪として地下の「獄悔房」に幽閉される場合もある

特に塾生間のヒエラルキーは厳しく、上級生と下級生の立場を例えて奴隷の一号・の二号・閻魔の三号」という言葉があるほど。


邪鬼の様に十年以上在籍している塾生が少なからずおり、進級卒業の基準は不明。無茶苦茶且つ苛烈なスパルタ教育や奇妙な行事(通称「男塾名物」)が大変多く、上級生の下級生に対するイビリや制裁、命懸けの武闘大会への参加や、警察自衛隊でも手に負えない不良チームや過激派テロ組織といった武装集団との抗争などにより、過去には少なからぬ数の塾生が死傷している。塾生が3年間暮らす学生寮「男根寮」でも気を休める暇はなく、寮長である権田馬之助による食事はゲテモノ料理で、規律違反は即体罰と油断ならない。


基本的に塾長の江田島を始めとする教官は「真の男は生死を賭けた戦いの中で磨かれていく」という方針のため、塾生同士の揉め事や死傷には一切関与はせず、塾側は精々慰霊碑を立てる程度の事しかせず、いくら塾生が死のうが全くといっていいほど問題視していない。ただし度の過ぎた虐待行為が起きたり上下関係を無視した行為に走る塾生に対しては(上記の獄悔房行きを含め)無期停学や退学といった処分が下される事がある。


元々各地の高校から爪弾きにされた問題児を受け入れている故に、授業料をきちんと納めている塾生は誰一人居らず、慢性的な赤字経営となっている(恐らくは補助金なども受けていないと思われる)。

この経済的危機を脱するため、殺シアムや愕怨祭といったイベントを度々行い一般から見物料として運営資金を集めている。


普通の授業も一応行われているが、碌に勉強をしていなかった不良が多いためか、内容は小学生レベルのものばかり(とは言え、一部のインテリを除いて、喧嘩に明け暮れて碌に授業を受けてない生徒がほとんどなので、『何事も基本が大事』という事で勉強の基礎を徹底的に叩き込むという意味では、あながち間違った教育方針ではない)。


普段の過激な行動から、世間一般にも広く知られており、殺シアムの際には「あそこ(男塾)ならやりかねんな」といった台詞がある(実際、『極』では警視庁勤務の刑事・ボギーが「男塾の連中には迷惑を掛けられた」などと発言している)。

愕怨祭では一般の客で賑わっており、普段「直進行軍」や江田島の祝砲の誤射などで迷惑をかけられている割には、地域には好意的(?)に受け止められてはいる模様。

ただし、本格的に警察が介入してきた時には江田島が「映画ロケーション」「タレント養成学校」と誤魔化している他、直進行軍など塾外で行われる行為については、捕まっても決して男塾の名前を出さないよう口止めされる事もある。


私立校であるのは間違いないのだが、学校としてはどの部類に入るのかは作者の宮下あきら氏でさえ特に決めていなかったとされる。ただ、原作第一話で教育省と言う国家機関が内偵を行い、その教育方針について激しく抗議している事から、学校教育法による学校(いわゆる「一条校」)ではなく私塾なのは確かである。

ただし、前述の武闘大会で致命傷を負った塾生が一般の病院に担ぎ込まれたり、教官殺しの凶行に及んだ塾生までいたにも拘らずまったく警察沙汰にはなっていない。

卒業生の多くは、政治家実業家等、江田島の目論見通り日本の舵取りをするエリートとなっている事から並の教育機関ではなさそうである。


西日本には江田島のライバルである熊田金造が創立した、もう一つの男塾こと『風雲羅漢塾』も存在し、シリーズを通して2度対決が行われた。


シリーズ開始当初とはかなり設定が変わっており、当初は「江戸時代より続く武士を育成するための寺子屋塾で、それが300年続いている伝統のある学校」という触れ込みで「戦時中学徒出陣により32人の塾生が藤堂兵衛の毒牙に罹った」という設定もあったが、その後は江田島平八が創立者ということになっている。無理やりにでも整合性を取ると、元々男塾の前身となる学校はあったが、戦時中~戦後の混乱で事実上廃校になっており、江田島が再興した、ということであろう。


「暁」と「極道高校2011」の間に江田島の死去に伴い廃校となり、跡地には「江田島記念格闘技館」が建てられたが、実際は富士山で力を蓄えていただけだった江田島が復活すると、極道高校そのものが次の男塾として再出発した(ただしロードムービーである『極!!男塾』には殆ど出てこなかった)


シリーズの最新作として漫画ゴラクで戦後復興期を描いた『真!!男塾』が連載されていた。この作品の最終話では「魁」のパラレルとして、政府によって男塾が壊滅させられ、「魁」の一号生たちが必死の抵抗を行っているという世界が描かれた。


卒業生の進路である!


江田島の予言通り日本と世界の各分野でかじ取りを執る逸材となっている。

この事をもっとアピールすれば入塾者は増えそうな気はするが、そもそも生きて卒業できるかどうかは別問題なので……。


リアル男塾である!

かつてリアル男塾とまで呼ばれた超スパルタ校が実在していた。その名は「日生学園」。男塾のような奇天烈な教育方法ではなかったが、全寮制で上下関係は徹底的に厳しく校内暴力は日常茶飯事、生徒の自由時間は無きに等しい文字通り超スパルタ校だった。


内部告発によりその実態が明らかになり、現在では校名も校風も変わっており、往年の面影はない。


男塾と違うのは男子だけでなく女子もいる共学だった点だが、男子は男子、女子は女子と完全に隔離されていた。


関連イラストである!

【例大祭新刊】 『魁!!チルノ塾』 表紙絵キラキラ☆プリキュア荒猛怒


関連タグである!

民明書房 男塾名物 海軍兵学校

関連記事

親記事

魁!!男塾 さきがけおとこじゅく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1473412

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました