ピクシブ百科事典

大威震八連制覇

だいいしんぱーれんせいは

『魁!!男塾』内で行われたタッグマッチ(実際「シン」の字は手へんに震)。
目次[非表示]

概要

 『魁!!男塾』内で行われたバトル
 驚邏大四凶殺とは異なり、三年に一度開催される男塾の格闘行事である。なあ、この漫画現代日本の都内の学校が舞台なんだよな?
 参戦チームは2つ、1チーム8人の団体戦で、プロレスタッグマッチのように2人1組で戦うシステムになっている(そのためバトルの回数は計4回)。行われる場所は信州奥地の八ヶ岳連峰に存在する八竜の長城
 作中では一号生チームと三号生チームが戦った。

由来

 八竜の長城は今から一千年前、中国より渡った落彪大師が拳法日本全土に広めるため築城した。
 剣術柔術空手道あらゆる武芸修行の総本山であったと伝えられる。
 常に堅い秘密主義の元歴史の表面には決して姿を見せぬが、歴史にその名を残す多くの武人達がこの伝説の長城を修行の場として鍛錬したという。
 この長城の存在は二十世紀にになってからは文献に現れることもないが、現代にもまだ存在するという一部学者の説もある。

  興陽大学名誉教授歴史学博士 中津川大観・著 時源出版『二十世紀の秘跡』より

 ちなみに八竜というのは(作中での)中国の伝承であり、長きに渡り人々を苦しめてきた八匹の邪竜を八人の格闘家がそれぞれ調伏したという「八辺竜伝説」に基づいている。

ステージ

磁冠百柱林闘(じかんひゃくちゅうりんとう)

 第1ステージ。無数の特殊合金「塩鉄鋼」の柱が連なるの上で100万ガウスの磁力を放つ「青陽磁靴(チンヤオチイシェー)」を履いて戦う。参加チームには事前に「遮鉛板(しゃえんばん)」というの板が1組配られ、それを踵に入れることで戦うことが出来る。
 もともとは中国宋代に四川省の拳法家たちが枝を落とした森林で戦っていたのが由来で、後に強力な磁石の鉱山が見つかってからはこんなわけのわからんルールになったとのこと。

竜盆梯网闘(りゅうぼんていもうとう)

 天界降竜闘神像という巨大な神像の中に作られた第2ステージ。
 ロープで中空から吊るされた直径30mのの中に落ちれば一瞬でになる濃硝酸をなみなみと満たし、その上に置かれた梯子の上で戦う。この梯子は老柔杉(ラオロウすぎ)と呼ばれる脆い木で作られているため、3人以上乗ればすぐにへし折れる。え? 作中で独眼鉄飛燕で絞めながら遠心力がめっちゃかかりそうな大車輪をやっても折れなかったって? 知らんなぁ。
 両軍1名づつになった場合には、窯の中に灰雲岩(かいうんがん)という岩を投げ込み、その上で戦う。
 もともとは中国明代末期に行われたタッグマッチが由来。

燦燋六極星闘(さんしょうろっきょくせいとう)

 第3ステージ。石油(勿体ねえ…)の中に浮かぶ塩砂岩(えんさがん)で作られた星形の上で戦う。開始すると湖にはが放たれ、時間の経過とともに島はどんどん風化していくため、最終的には島に無数に建てられた付のの上で戦うことになる。
 

天雷響針闘(てんらいきょうしんとう)

 最終ステージ。周囲をらせん状の階段で覆った三丁に存在する闘技場での戦い。周囲を八闘神の像がグルリと囲んでおり、この上にが落ちると闘技場に空いた800の穴から100のが飛び出す。

関連項目

デスマッチ 男塾

死亡確認 実は魁男塾の本編でこれが使われたのは、この闘いでの3回だけである。

pixivに投稿された作品 pixivで「大威震八連制覇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130

コメント