ピクシブ百科事典

風雲羅漢塾

ふううんらかんじゅく

風雲羅漢塾は魁!!男塾の最終エピソードに登場した架空の特殊学校であり、「西の男塾」と呼ばれている。
目次[非表示]

概要

風雲羅漢塾とは魁!!男塾の最終エピソードで登場した架空の学園であり、塾長は熊田金造である。
男塾と同様、高等学校ポジション説と、大学または大学院ポジション説がある。
熊田金造江田島平八と共に東京大学の首席を争い、修了後に渡される黄金の時計が二つに分割される程の成績を挙げ、卒業後の1960年、熊田江田島は30年後に未来の日本を担う漢達を鍛え上げ、互いの教え子達で勝負する事を約束し、江田島は関東に拠点を置き男塾を、熊田は関西地区に拠点を置き風雲羅漢塾を創設した。

共通点

全寮制で言うまでもなくスパルタ教育を施し、絶対的な上下関係を築いている

相違点

  • 男塾との最大の相違点は、一般社会との交流、接点を持っている点で、それ故著名な力士の子息や天才少年等を入塾させる事が出来たり、一般社会から一定の理解が成されている為、外部からのスポンサーが付き、塾運営資金に困る事は無いのである
  • 男塾の変形式長学ランに対し、イタリア製ブレザーを制服としており、一般社会との交流に合わせている点かも知れない。
  • 本編では言及されなかったが、一般社会との交流の為の礼儀作法等の教育も行われているものと思われる。


本篇での出番


関連イラスト

風雲羅漢塾に関するイラストを紹介してください。


別名・表記ゆれ

風雲羅漢塾に関する別名や、表記ゆれがありましたら、紹介してください。


関連タグ

風雲羅漢塾に関係するタグがありましたら、紹介してください。
男塾シリーズ 魁!!男塾

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名

関連記事

親記事

魁!!男塾 さきがけおとこじゅく

兄弟記事

コメント