ピクシブ百科事典

日生学園

にっせいがくえん

日生学園とは、かつて存在した高等学校である。学校法人としては現在も三重県津市に本部を置いている。
目次[非表示]

概要

かつて三重県津市伊賀市兵庫県姫路市に存在した全寮制の学校。
法人としては青田強(1907-1986)により1965年に創立され、翌1966年に日生学園第一高校が開校。1980年に日生学園第二高校、1983年に日生学園第三高校が開校した。
現・桜丘高等学校(伊賀市)、青山高等学校(津市)、自由ヶ丘高等学校(姫路市)の前身である。
自由ヶ丘高校のみ男子校で、三重県にある2校は共学(メイン画像は現行の制服)。

第二高校はダウンタウン浜田雅功の母校として知られる。また甲子園1回ずつ(しかも改名前に)出場している。

想像を絶する過酷な学園生活

1970~80年代にかけて、自衛隊よりもハードな超スパルタ全寮制教育 で有名だった。松本人志曰く「刑務所みたいな学校」。


その当時···

  • 朝は4時に起床(水曜日と日曜日は7時起床)。起床してすぐに、大声をあげながら一心不乱に床やトイレを磨く「晨行」を行う。通常は数十分間だが、3年生は卒業前に6時間行う。ちなみに、トイレ掃除は便器を素手で掃除させられる。汚れがこびりついていたら指の爪を使って剥がす
  • 毎日早朝に10kmのマラソンが義務付けられている。更にマラソン大会も開かれる。学生寮から校舎まで登校するのも当然走らされる。
  • 24時間私語厳禁。さらに机の外に足を投げ出すことも、休み時間にトイレ以外の目的で席を立つことも厳禁。
  • 寮内には雑誌や菓子類などの持ち込みは禁止、一切の娯楽が許されないため情報が遮断されている。唯一情報を得る手段は、月一度の散髪の際床に敷かれる古新聞。
  • 男子は坊主頭強制。頭を洗い流す際は真冬でも冷水
  • 教室移動の最中、クラスの誰かが怒られたら連帯責任としてクラス全員でコンクリートの上で10時間正座
  • 教師や上級生による暴力は日常茶飯事。浜田でさえ1年生の頃は上級生から理不尽な暴力を受けており、別のグループが怒られている所を通りかかると「お前もこっち来い」と命令され、正座した途端トイレの下駄で殴られたという。また、教師から松葉杖で殴られたこともある。
  • 教員の労働環境もブラックそのもので、生徒と同じく早朝の起床と校長の説教が強いられており、上司や先輩に殴られる。
  • なぜか雨具所持禁止大雨だろうが大雪だろうが濡れたまま。であるにも拘らず、体調を崩したとしても40度の熱でも出ない限り休ませてもらえない···

このような厳しさだったので暮らすためのテクニックも刑務所以上に発達しており、お菓子は貴重品で賄賂のようにも使用されていたという。第一高校に1年時にのみ在籍していた今田耕司曰く、「角砂糖一個持っていればクラスをシメれた」。
しかし女子寮では夜にお菓子が配られており、浜田は1年次に寮で同室だった3年生が学園の番長であり、その権力を活かして女子寮から横流ししたチョコレートを貰っていた。

その上、超絶スパルタ教育で雁字搦めになった環境故に脱走者が出るのは日常茶飯事。
しかし脱走しても最寄りの駅からは学校に通報されるので、わざわざ山を超えて隣町の駅から電車に乗って自宅へ帰っていたという。脱走者が出た学年は連帯責任で長時間の正座を強いられた。
3年間耐えきり最終的に副学寮長まで勤めた浜田さえも一度脱走したことがある
今田は過酷な学校生活に耐えきれなくなり中退しているが、もちろんすんなりと辞めさせてはもらえず、一度脱走に成功して手続きのために保護者同伴で学校に戻ったところ、担任から「学校続けると言うまで殴るわ」と親の眼前で往復ビンタを食らい、心が折れてしばらくは学園生活に戻ることになった。

僅かに女子生徒も在学していたが、男子生徒が大多数を占める上に異性間の交流は全く無かったため、男子寮では男色が横行しており、今田は男子生徒同士の性行為を目撃したことで「いずれ自分も性欲の捌け口にされるかもしれない」と恐怖を抱いたという。

修学旅行や遠足などの学校行事も一切なかった。修学旅行に関しては、生徒が旅行先で問題を起こしたため廃止されたとのこと。

教員や上級生からの理不尽な暴力に耐えきれずに自殺した生徒や、不審な死を遂げた生徒も出ていたという(日生学園事件)。
当時関西圏では、子供への親からの脅し文句の一つとして「悪いことをしたら日生学園に入れるぞ!」というのが定番だったほどであり、実際に手に負えない子供を叩き込んでいた家庭もあり、浜田も中学生の時に友達の家のドアをノコギリで切って壊すという悪行をやらかしたので放り込まれている。

1985年にこの様相に耐えかねた教師が週刊誌にタレ込んだことで大きな問題になり、国会レベルの調査も入り県からも指導された。
晨行の執行頻度が下がり、起床時間が1時間遅くなるなど改善が進められていった。

OBのタレントたちにより本校のスパルタ時代の話はよくトーク番組のネタとして語られている。
特に浜田は、1年時に番長が食堂から盗んだ卵でアイロンを使って卵焼きを作ったこと(西川貴教曰く「米兵じゃないですか」)、散髪中に床に敷かれた新聞を読んで石原裕次郎の入院を知ったこと、帰省で地元に戻り友人と遊んでいたところ、三色の歯磨き粉を見て仰天したエピソードを、今田はこっそり枕の中に隠して持ち込んだ(いちごミルク)を上級生へのおべっか用として配布していた話を定番ネタとしており、度々披露している。

進学校に生まれ変わった現在の日生学園

青田亡き後、学園は進学に重きを置くように方針転換。
この辺りからは「男子生徒の坊主頭強制」も廃止している。
1988年には、第二高校に併設されていた日生学園附属中学校が、第一高校への併設になり、中高一貫校となる。
第一高校は2000年までには全寮制をやめ、通学生も受け入れるようになった。

創立50周年を迎えた2015年、校名は前述のとおり第一高校→桜丘高等学校、第二高校→青山高等学校、第三高校→自由ヶ丘高等学校になり現在に至る。
桜丘を除き全寮制を維持しているという点は変わらないものの、修学旅行などが復活するなど、往年に比べれば随分普通の学校になったとのことである。
ゲーム機などは持ち込めないなど校則の厳しさがなくなったわけではないが、構内にはネットのできるPCも備えられており情報遮断ということもなくなっている。
もちろん朝4時起床ということもなくなり、6時半~7時など常識的な起床時間になっている。

なお自由ケ丘高校は生徒数減少にともない、2021年度(令和3年度)以降の新入生募集を停止し、前年度卒業式を以て休校した。在校生については希望を聞き取った上で、同学園が運営する別の高校へ転入したとのこと。詳細は以下を参照されたい;


出身有名人

このほか、1990年代以降にはJリーガーやプロボクサーを輩出している。

関連タグ

男塾/地獄城 フィクションの超スパルタ施設。
PL学園:かつての超スパルタ学校。
宝塚音楽学校
管理教育

関連記事

親記事

高等学校の一覧 こうとうがっこうのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日生学園」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141121

コメント